走塁妨害(オブストラクション)

走塁妨害が発生した時の書き方。野手が走者と接触、挟殺プレー中に交錯、走塁妨害が記録されない場合など。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■走塁妨害(オブストラクション)

☆ポイント

 走塁妨害とは文字通り「走塁(走者)が妨害されたプレー」です。走塁妨害のことを「オブストラクション」と呼ぶことも多いですが同義語です。走塁妨害は他の妨害プレー(打撃妨害と守備妨害)と比較して、発生パターンが少なく、わかりやすいのが特徴です。審判が判断することなので記録者が気にする必要はありませんが、走塁妨害の最大の難点は、挟殺プレー中などに「走塁妨害と守備妨害が紙一重」な場面があることです。これだけがネックです。

 走塁妨害を簡単に説明すると、「野手がボールを持たないときか、ボールを処理する行為(自分に向かってきているボールを捕球するための動作)をしていないときに走者の走塁を妨害する」ことです。これに該当すれば、野手と走者が接触しなくても走塁妨害になります。例えば、「走者の走塁に邪魔になりそうな場所に突っ立っている」「走塁中の走者に突然声を掛ける」などといった野手の行為です。野手のこれらの行為が走者の走塁に対して影響があったと審判が判断すれば、走塁妨害が宣告されます。これらを正しく踏まえてルールを運用すると、本塁付近でのクロスプレー時の捕手の動作は限りなく黒に近かったりします。
 走塁妨害の処置は、被害者の種類によって2つに分かれます。

●走塁を妨げられた走者に対してプレーが行われていた場合
 ある走者(打者走者含む)をアウトにする目的で、送球やタッチプレーなどが行われている時にその走者に対して走塁妨害が発生した場合です。
 この場合は即ボールデッドになり、各走者は「妨害プレーがなければ進めていたであろう」と審判が推定する塁まで進塁が許されます。被害走者は妨害発生時に占有していた塁よりも最低1つ以上の進塁が認められます(プレー状況によっては他の走者は進塁が認められない場合もありえます)。

●走塁を妨げられた走者に対してプレーが行われていなかった場合
 ある走者(打者走者)をアウトにする目的で、送球やタッチプレーなどが行われている時にその走者以外の走者に対して走塁妨害が発生した場合です。テレビ中継ならば、放送されていなさそうな場所で発生した妨害です(笑)
 この場合は審判がオブストラクションをシグナル(手振りで走塁妨害発生を示す)しても全てのプレーが終了する(プレーの流れが止まる)までプレー続行です。プレーが止まってから、妨害プレーが無ければもっと先の塁まで進んでいたと思われる走者がいれば、審判が推定する塁まで進塁が許されます。そのような走者がいないと判断されれば、処置は無しです。

 冒頭にも書きましたが、走塁妨害を「Obstruction(オブストラクション)」と呼びますので、記号は略して「OB」としています。走塁妨害を行った野手には「エラー」が記録されます(記録されない場合も有り。このページ内で解説している各項目において、走塁妨害の記号「OB」を記入する場合が野手にエラーを記録する場合です)。


走塁妨害で走者が進塁

走塁妨害で進塁

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死一塁。2番打者はサードへゴロを打った。2塁へ向かっていた1塁走者はセカンドと交錯し転倒。審判はオブストラクションを宣告し、走者1,2塁となった」

 1塁走者(1番打者)が2塁へ進めた要因は、2番打者の打撃ではなく、走塁妨害に遭ったことによって2塁への安全進塁が認められたからです。右上枠に走塁妨害を表す「OB」と加害野手であるセカンドを表す「」を書きます。
 2番打者は右下枠にサードゴロを表す「」「上向きカッコ」を書きます。走塁妨害が発生していなければ、打者走者か1塁走者のどちらかがアウト(封殺)になっていたのは確実ですので、2番打者の打撃記録は「サードゴロ」です。また、走塁妨害を犯したセカンドにはエラーが記録されます。

 後からスコアブックを見たときに1番打者の右上枠「OB4」がどのタイミングで発生したかがわかるのは、2番打者に「5」「上向きのカッコ」だけの誰もアウトになっていない不完全みたいな表記があるからです。自らがアウトになったわけでもなく、他の走者がアウトになったのなら送球記号「−」も書かれているハズです。つまり、サードがゴロを捕球後にボールデッドになるプレーが発生したと推測できるので、その時塁上にいる打者のスコアカード内の走塁妨害と関連があるという見当がつきます。

※打球を処理したサードが2塁か1塁へ送球していたとしても送球が届くより前にプレーが走塁妨害発生によってボールデッドになっているハズ(送球行為に意味が無い)ですので、送球プレーは書きません。


走塁妨害も記録は悪送球

走塁妨害と悪送球

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一塁。2番打者はサードへゴロを打った。2塁へ向かっていた1塁走者はセカンドと交錯し転倒したので審判はオブストラクションをシグナルしたが、それより前にサードは1塁へボールを投げており、これが悪送球となってボールはファールゾーンを転々としていた。交錯した1塁走者は起き上がってから自力で2塁まで進んだ。プレー中断後に審判は走塁妨害の処置として進塁2,3塁とした」

 審判の走塁妨害処置によって走者2,3塁になりましたが、サードが1塁へ悪送球したのですから走塁妨害が発生していなくても普通に走者2,3塁になっていたと思われます。このような場合、走者の進塁の要因は「走塁妨害」とせず、「実際に起きたプレー(この例だとサードの悪送球)」になります。
 1塁走者(1番打者)が3塁へ進めた要因は2番打者の打撃(サードゴロ、1塁悪送球)によりますので、左上枠に「丸2」を書き、右上枠から左上枠の「丸2」へ向かって「1本の曲線」を引きます。2塁へ進む途中に野手と交錯して走塁妨害に遭いましたが、走塁妨害の処置に頼らずに3塁へ進めたことになりますので、走塁妨害は書きません(記録上、走塁妨害は発生していないことになりますし、セカンドにエラーは記録されません)。
 2番打者は右下枠にサードゴロ、ファーストへ悪送球を表す「」「上向きカッコ」「」「−3」を書き、右上枠へ「↑(矢印)」を引きます。


走塁妨害によって出塁

走塁妨害も記録はヒット

走塁妨害で出塁

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「一二塁間前へのプッシュバント。ファーストがゴロを処理し1塁へ送球しようとしたところ、1塁ベースカバーに向かっていたピッチャーと打者走者が衝突。審判はオブストラクションを宣告し、打者走者に1塁への出塁を認めた」

 もし走塁妨害が発生していなければ、「打者走者は1塁でアウト・セーフのどちらだったか?」を記録者がどう判断するかによって、書き方が異なります。

(左図a.)アウトだったと思われる場合
 右下枠に走塁妨害を表す「OB」と加害野手であるピッチャーを表す「」を書きます。ファーストがゴロを捕球したことやバントをしたことを書く必要はありません。また、ピッチャーにはエラーが記録されます。打者の記録は「妨害による出塁」となります。

(左図b.)セーフだったと思われる場合
 右下枠にファーストへのバント内野安打を表す「」「半円」「」「BH」を書きます。出塁の要因はヒットですので、走塁妨害は書きません(発生していないことに)。もちろんピッチャーにエラーは記録されません。打者の記録は「安打」です。


野手と走者が接触しない走塁妨害

野手と接触せず走塁妨害

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「ライト線を抜けるフェア打球。打者走者は1塁ベースを回ったところで、突っ立っていたファーストをよけるために大きく迂回。2塁を回ったところでストップした。審判はファーストの行為に対してオブストラクションを宣告し、打者走者に3塁を与えた」

 走者と野手が接触していませんが、野手の立っていた位置が走塁の妨げになったと審判が判断すれば走塁妨害になります。このプレーですと、走塁妨害が無ければ打者走者は3塁まで進んでいたと審判が推定しました。こういった場合、打者の記録をスリーベースとします。
 右下枠から右上枠、左上枠にスリーベースを表す「」を引き、ライト線を抜けるを表す「」「」を書きます。ファーストの走塁妨害に関しては書きません。記録上も走塁妨害が発生していないことになります。


ヒット+走塁妨害で進塁

ヒットのみで進塁

ヒットで進塁中に走塁妨害

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一塁。2番打者はライト前ヒットを打った。2塁へ向かっていた1塁走者はセカンドと交錯し転倒。急いで起き上がって2塁まで進んでストップ。審判はオブストラクションを宣告し、1塁走者の3塁への進塁を認め、走者1,3塁となった」

 もし走塁妨害が発生していなければ、「1塁走者は3塁まで進んでいたか?それとも2塁でストップしていたか?」を記録者がどう判断するかによって、書き方が異なります。

走塁妨害が無ければ2塁止まりだったと考えた場合(左図a.)
 1塁走者(1番打者)は一二塁間で走塁妨害に遭いましたが、2塁へ進めたのは走塁妨害を受けたためではなく、2番打者の打撃によるものです。このようにしないと2番打者のヒットが成立しません(ヒットが成立するには進塁義務がある走者全員が1つ以上進塁することが条件)。右上枠は2番打者を表す「丸2」を書き、左上枠に走塁妨害を表す「OB」と加害野手であるセカンドを表す「」を書きます。これらは一連のプレーですので「継続線」で結びます。
 2番打者は右下枠にライト前ヒットを表す「」「」を書きます。

走塁妨害が無くても3塁へ進んだと考えた場合(左図b.)
 1塁走者(1番打者)が走塁妨害に遭っていなければ、2番打者の打撃によって一気に3塁まで進塁できたと考えられますので、左上枠に2番打者を表す「丸2」を書き、右上枠から左上枠の「丸2」へ向かって「1本の曲線」を引きます。
 2番打者は右下枠にライト前ヒットを表す「」「」を書きます。セカンドの走塁妨害に関しては書きません。記録上も走塁妨害が発生していないことになります。


挟殺中に走塁妨害

挟殺中に走塁妨害

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死二三塁。3番打者の2球目後にキャッチャーが2塁(セカンド)へ牽制球を投げると、2塁走者は反応が遅れて帰塁出来ず、二三塁間で挟まれる。セカンドが2塁走者を追い込みながらサードへ送球した直後、2塁へ戻ろうとした走者とセカンドが衝突し、両者転倒。審判はオブストラクションを宣告し、3塁走者の生還と2塁走者の3塁進塁を認めた」

 挟殺プレー中に「ボールを持った野手と走者」が衝突すれば守備妨害(野手がタッチしていれば普通にアウト)ですが、ボールを持っていない野手と走者が接触すれば走塁妨害です(これを判断するのは審判です)。この例ですと、走者は2塁へ帰塁しようとしている時に走塁妨害に遭いましたが、3塁への進塁が認められます。理由は走塁妨害を受けた走者は必ず1つ以上の進塁が認められるからであり、この2塁走者は2塁を占有していたわけですから3塁以上へ進めるのです。つまり、挟殺プレー中に走塁妨害に遭えば、被害走者の行動が「次塁へ進もうとしていた・元の塁へ戻ろうとしていた」という事に関係なく、次塁以上に進めます。
 3塁走者(1番打者)が本塁へ還れた要因は「走塁妨害発生によって進塁が認められたから」ではありません。2塁走者が走塁妨害によって3塁への進塁が認められたので、それに押し出されて本塁へ還れただけです。左下枠には2番打者(の左上枠)を表す「丸2」を書きます。中心に得点を表す「」を書きます。
 2塁走者(2番打者)は左上枠に走塁妨害を表す「OB」と加害野手であるセカンドを表す「」を書きます。この走塁妨害は牽制から発生したプレーですので、いつ起きたかわかるように「''(タイミング記号)」を付けておきます。
 3番打者はカウント欄に「''(タイミング記号)」を書くだけです。


走塁妨害でもアウト

走塁妨害でもアウト

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死二塁。2番打者はセンター前ヒットを打った。2塁走者は一気に本塁を狙い、センターは本塁へ送球するがキャッチャーの頭上を越える悪送球に。打者走者は1塁ベースを回ったところでファーストと交錯し転倒したので審判はオブストラクションをシグナルした。打者走者は起き上がって2塁まで進み、悪送球を見て3塁をも狙ったが、キャッチャーからサードへ送球されタッチアウト。審判は打者走者の救済措置を取らなかった」

 打者走者は1塁ベースを過ぎたところで走塁妨害に遭いました。これによって審判が「2塁までは進塁できたであろう」と判断すれば2塁までの安全進塁権を得られます。しかし、3塁への進塁は走者の自己都合と見なされ、アウトになってしまっても助けてもらえません。
 2塁走者(1番打者)は左下枠に「丸2」を書き、左上枠から左下枠の「丸2」へ向かって「1本の曲線」を引きます。中心に得点を表す「」を書きます。
 2番打者は右下枠にセンター前ヒットを表す「」「」、右上枠にはセンターからキャッチャーへの悪送球を表す「8E−2」、左上枠にはキャッチャーからサードへの送球を表す「2−5」を書きます。これらは一連のプレーですので右下枠と右上枠、右上枠と左上枠を「継続線」で結びます。中心には「アウトカウント」も書きます。センターにはエラー(悪送球)が記録されますが、ファーストにはエラー(走塁妨害)が記録されません。

ページ最上部へ▲