守備妨害

守備妨害が発生した時の書き方。打者が捕手を妨害、走者が野手を妨害、走者に打球が当たるなど。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■守備妨害

☆ポイント

 守備妨害とは文字通り「守備行為が妨害されたプレー」です。守備妨害といえば攻撃チーム側が行った妨害プレーだと思われがちですが、加害者は「攻撃側チーム」だけでなく「審判」や「その他(ボールボーイや観客など)」といった3つのパターンがあります。守備妨害は非常に奥が深く、加害者と被害者の組み合わせによって処置が変化します。実際、守備妨害発生時に審判が誤った処置を行うことも珍しくありません。記録者は審判のジャッジが誤っていてもその処置通りに書くだけですが、知識として守備妨害の処置法を把握しておく方が記入作業は楽です。下記は加害者別の代表的な処置例です。

攻撃側チーム
【打者が加害者】打者がアウトになり、走者は元の塁へ戻される。
【走者が加害者】走者がアウトになり、他の走者は占有していた塁に戻る。
【打者・走者以外が加害者】守備の対象となっていた走者がアウトになり、走者は占有していた塁に戻る。

審判
【内野手に触れていないフェアボールがフェア地域で審判に当たった場合】走者は元の塁に戻され、打者は走者となる[暫定ヒット]。
【内野手に守備機会があった後の打球が審判に当たった場合】守備妨害にならず、プレー続行。
【捕手の送球を邪魔した場合】走者が元の塁に戻される。記録上、守備妨害は記録されない。

その他(観客やボールボーイ等、ベンチ入りが認められた人間と審判以外)
【偶然、打球や送球に当たった】守備妨害にならず、プレー続行。
【故意に打球や送球に当たった】その妨害が無ければどうなっていたか?を審判が判断し、処置を決める。記録上、守備妨害は記録されない。

 このように守備妨害が発生しても「守備妨害」という記録が付く場合と付かない場合があります。付く場合は、守備妨害によって打者や走者がアウトになった場合(例外有り)で、審判やその他が守備妨害を行った場合には、記録でいう守備妨害が付きません。

 上に挙げた処置例を覚えるのは面倒だという人は、『守備妨害が発生するとボールデッドになり加害者がアウト、他の走者は元の塁か占有していた塁に戻される』だけを覚えれば十分です。この文章が当てはまらないパターンが発生することは滅多にありません。

 当サイトでは守備妨害を表す記号として「IP」という文字を使用しています。「IP」は「Interfere with a (field) Player」の略です。直訳すれば「野手に妨害する」です。「Interfere」(インターフェア)は「妨害する」という意味ですので、これだけでは「打撃妨害」「走塁妨害」「守備妨害」のいずれも該当します。当サイトではスコアブックを「視覚的にもわかりやすくする」ことをモットーにしていますので、3種の妨害(打撃妨害・守備妨害・走塁妨害)の記号を使い分けています。


打者が捕手に守備妨害

打者が捕手に守備妨害

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死一塁。2番打者の3球目時に1塁走者が2塁へ盗塁を試みた。2塁へ送球しようとしたキャッチャーと打者が接触し、送球できなかったので、審判が守備妨害を宣告、打者がアウトになり1塁走者は1塁へ戻された」

 1塁走者(1番打者)は盗塁を試みましたが打者による捕手への守備妨害の為、1塁へ戻されました。つまり、盗塁行為は無かったことになりますので何も書きません。
 2番打者の右下枠には守備妨害を表す「IP」と被害者であるキャッチャーを表す「」を書きます。中心には「アウトカウント」も書きます。

 この例ではキャッチャーが盗塁を刺すために送球しようとしましたが、キャッチャーが牽制を投げる場合でも同じような考えで書きます。


打者が捕手に守備妨害(記録付かず)

打者が捕手に守備妨害(盗塁失敗)

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の3球目時に1塁走者が2塁へ盗塁を試みた。2塁へ送球しようとしたキャッチャーと打者が接触したが、キャッチャーの送球は2塁(ショート)へ届き、1塁走者をアウトにした」

 打者がキャッチャーの送球行為を妨害しましたが、キャッチャーは盗塁を刺せました。こういった場合、盗塁刺が優先され、守備妨害は無かったことになります(打者に対してのペナルティーはありません)。記録上も守備妨害が付きません。
 1塁走者(1番打者)は右上枠にキャッチャーからショートへ送球し盗塁失敗を表す「CS(2−6)」と「’(タイミング記号)」を書き、中心には「アウトカウント」も書きます。
 2番打者には守備妨害に関することは一切書かず、ボールカウント欄に「’(タイミング記号)」を書くだけです。

 この例ではキャッチャーによる盗塁刺でしたが、キャッチャーが牽制アウトした場合でも同じような考え方で書きます。


三振と守備妨害で併殺

打者が捕手に守備妨害(走者がアウト)

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死二塁カウント2−0。2番打者の3球目時に2塁走者が3塁へ盗塁を試みた。見逃し三振だった打者と3塁へ送球しようとしたキャッチャーが接触し、キャッチャーはボールを落とした。審判は守備妨害を宣告し、2塁走者がアウトになった」

 打者による捕手への守備妨害ですから、打者がアウトになるところです。しかし、既に打者は三振アウトです。1人の打者が2つアウトになることはありませんので、こういった場合はペナルティーとして捕手が刺そうとした2塁走者がアウトになります。
 2塁走者(1番打者)は左上枠に守備妨害を表す「IP」と被害者であるキャッチャーを表す「」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者のカウント欄には見逃しの「×」、右下枠に三振を表す「」と中心に「アウトカウント」を書きます。こんな形ですが、これらのアウトはダブルプレーになりますので「}(波カッコ)」で括り、「DP」を書きます。

 「実際に守備妨害をしたのは2番打者なのに1番打者のスコアカードに書いて、後日にその記入を見たらわかるの?」と聞かれたことがありますが、走者が捕手に対して守備妨害を行うのは無理かと思うので(笑)、「走者にIP2=打者が捕手へ守備妨害の身代わりアウト」とわかります。


ダメなタイミングの打者席変更によって守備妨害

打者が打者席変更

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「投手が4球目を投げようと振りかぶった時、打者が右打席から左打席へ移動して、打撃姿勢を構えた。これを見た審判は守備妨害を宣告し、打者はアウトに」

 打者が右左の打者席を変えるのは自由ですが、投手が投球動作に入ってからの移動は禁じられています。この打者の行為は、投手の投球動作を妨害したのではなく、捕手の守備(捕球動作)を妨害したことになります。同じように「キャッチャーのサイン交換を覗き込んだ場合」も捕手への守備妨害となります。
 右下枠には守備妨害を表す「IP」と被害野手であるキャッチャーを表す「」を書きます。中心には「アウトカウント」も書きます。

 この場合、4球目の投球はノーカウントです。


打球を蹴って守備妨害

打者が打球を蹴った

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死一塁。2番打者は初球を打つも1塁線へボテボテのゴロ。フェアゾーン内を転がっていた打球を1塁へ走り出した打者が蹴ってしまった。審判は守備妨害を宣告し、打者走者はアウト、1塁走者は1塁へ戻された」

 「フェアゾーンの打球を蹴ればアウト」なんてことは誰でも知っていますが、これは守備妨害なのでアウトだということを知っている人は少なかったりします。こういったプレーの発生時、審判が打者に対してアウトだけを宣告し、守備妨害の旨を宣告しないことがありますので、記入者は要注意です!
 1塁走者(1番打者)は何も影響がありませんので記入しません。
 2番打者は右下枠に守備妨害を書きますが、打者が打球を蹴った地点から最も近くにいる(と推測される)野手を被害野手とします。守備妨害を表す「IP」と最も近くにいたであろうキャッチャーを表す「」を書きます。中心には「アウトカウント」も書きます。


スリーフットレーン外を走り捕手を妨害

スリーフットレーン外を走り一塁手を妨害

打者走者が送球を妨害

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死一塁。2番打者は初球を1塁線へバント。打球を捕った捕手が1塁へ送球すると、スリーフットラインの外を走っていた打者走者の背中に当たった。審判は守備妨害を宣告し、打者走者はアウト、1塁走者は1塁へ戻された」

 捕手の送球が打者走者の体に当たり、1塁へ送球できませんでした。一見、捕手の悪送球に見えますが、スリーフットラインが引いてある場所(本一塁間の後半部分、スリーフットレーンと呼びます)では、打者走者はスリーフットレーンの中を走る義務がありますので、レーン外で送球に当たれば守備妨害になります。逆に言えば、レーンの中を走ってさえいれば、捕手の悪送球という事になります。
 1塁走者(1番打者)は何も影響がありませんので記入しません。
 2番打者は右下枠に守備妨害を表す「IP」と送球を妨害されたキャッチャーを表す「」を書きます。守備妨害とはいえバント失敗に変わりはありませんので、バント失敗を表す「」も書きます。中心には「アウトカウント」を書きます(左図a.)。

 また、これと同じようなシチュエーションで打者走者がスリーフットレーン外を走ったため、捕手から1塁(ファースト)が見えない状態になり送球が出来なかった場合にも守備妨害が宣告されます。この場合、守備妨害の被害者は送球出来なかった野手ではなく、捕球動作を妨げられた野手になります(左図b.)。


走者が打球に当たって守備妨害

走者が打球に当たる

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死二三塁。3番打者の打球は3塁線へライナー。走り出していた3塁走者はフェアゾーン内で打球を避けきれず直撃。審判は守備妨害を宣告し、3塁走者アウト、2塁走者は2塁のまま、打者は1塁へ出塁した」

 フェアゾーン内にて、内野手(投手含む)に触れていないか、内野手(投手除く)を通過していない打球に走者が触れれば、守備妨害が適用されアウトになります。ベースを踏んでいる状態でもアウトになります。
 3塁走者(1番打者)は不慮の事故でありますがフェアゾーン内で打球に当たったので守備妨害になります。このようなプレーの場合、打球と走者が当たった地点から最も近くにいたと推測される野手が守備妨害の被害者となります。推測の域で十分ですので、野手同士の距離をセンチ単位で測定する必要はありません(笑)左下枠に守備妨害を表す「IP」と、被害野手と推測されるサードを表す「」を書きます。中心には「アウトカウント」も書きます。
 2塁走者(2番打者)は2塁へ戻されましたので何も書くことはありません。
 3番打者は3塁走者が守備妨害をしたものの1塁への安全出塁が認められます。3塁走者の守備妨害が無ければ、打球はサードライナーだったかもしれませんが、こういった場合には打者に安打を記録すると決められています。右下枠に守備妨害の被害者であるサードへの内野安打を表す「」「半円」「」を書き、暫定内容であることを表す「×」を加えておきます。暫定とはいえ、3番打者の打撃記録は間違いなくヒットです。


走者が野手と接触し守備妨害

走者が打球を処理する野手と接触

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一塁。2番打者は初球を打ちセカンドへのゴロ。打球を捕ろうとしたセカンドと1塁走者が交錯し、守備妨害が宣告され1塁走者がアウトになった。打者走者は1塁へ」

 走者が正規の走行線上を走っていても打球を捕ろうとしている野手に接触すれば守備妨害になります。
 2塁走者(1番打者)は右上枠に守備妨害を表す「IP」と被害者であるセカンドを表す「」を書きます。中心には「アウトカウント」も書きます。
 2番打者は1塁走者が守備妨害したものの1塁への安全出塁が認められます。守備妨害が無ければセカンドがゴロを処理したと推測されますので、暫定のセカンドゴロとなります。右下枠にセカンドゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、暫定内容であることを表す「×」を加えておきます。


走者が送球を邪魔し守備妨害

走者が送球を妨害

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「一死一二塁。3番打者の打球はセンター前ヒット。2塁走者は一気に本塁を狙うが、センターからキャッチャーへ好送球が届き、三本間で挟殺プレーに。キャッチャーからサード、ピッチャーへと送球が渡り、ピッチャーがショートへ送球したときに挟まれている走者が両手を大きく振りかざし、その手に送球が当たった。この行為を審判は守備妨害と見なし、この走者をアウトにし、3塁まで到達していた1塁走者に2塁へ、2塁に到達していた打者走者は1塁へ戻された」

 走者が故意に送球の邪魔をしても守備妨害になります。このような場合、ボールデッドになって妨害した走者はアウト、他の走者は既に占有している塁まで戻されます。しかし、この例では1塁走者と打者走者は1つ前の塁へ戻されました。三本間で挟殺プレーになったということは、3塁の占有権が三本間に挟まれている2塁走者にあり、同一ベースの占有権が複数人にあることはありません。だから、3塁に到達していた1塁走者には3塁の占有権が無く、占有権を持っている2塁へ戻されます。で、この走者が2塁へ戻されるという事は、2塁に到達していた打者走者が2塁の占有権を失い、同じような理由で1塁に戻らなくてはならないのです。
 2塁走者(1番打者)は3番打者の打撃によって3塁へ進みましたので左上枠に3番打者を表す「丸3」を書きます。左下枠には挟殺プレーの内容である「825」とピッチャーへの守備妨害である「−IP1」を書きます。中心には「アウトカウント」を。これらは一連のプレーですので左上枠と左下枠を「継続線」で結びます。守備妨害とはいえ、センターとキャッチャー、サードには補殺が、ピッチャーには刺殺が記録されます。
 1塁走者(2番打者)は3番打者の打撃によって2塁へ進みましたので右上枠に3番打者を表す「丸3」を書きます。挟殺プレーの間に3塁へ進みましたが、結局は2塁に戻されましたので、3塁へ進んだことを書く必要はありません。
 3番打者は右下枠にセンター前ヒットを表す「」「」「」を書きます。2番打者と同じく、2塁へ到達したことは書きません。


次打者が捕手と接触

次打者が野手と接触

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「打者はファウルゾーンへフライを打った。捕手が打球を追いかけているとネクストバッターズサークル内にいた次打者と接触し、転倒。審判は守備妨害を宣告し、打者がアウトになった」

 ネクストバッターズサークルは次打者のために与えられた場所ですが、捕球動作を行っている野手の邪魔をしてしまうと、守備妨害になります。妨害をした次打者をアウトにするわけにはいきませんので、代わりに現打者が守備妨害でアウトとなります。
 右下枠に守備妨害を表す「IP」と被害者であるキャッチャーを表す「」を書きます。中心には「アウトカウント」も書きます。


ベースコーチによる肉体的援助

ベースコーチが走者を援助

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死二塁。打者はセンター前ヒットを打ち、2塁走者は3塁を回って本塁を目指そうとしたが、センターから本塁へ返球されたのを見て、3塁ベースコーチが慌てて走者にストップを掛けた。その時、3塁コーチの手が2塁走者に触れたため、それを見た審判が「肉体的援助」と見なして守備妨害を宣告。2塁走者はアウトになり、すでに2塁直前まで進んでいた打者走者は1塁へ戻された」

 「肉体的援助」って、出会い系的なフレーズですが公認野球規則にも載っている立派な野球用語です(笑)意味はベースコーチ等が走者自身に触れて、離塁や帰塁を援助することです。守備妨害の対象となります。
 2塁走者(1番打者)は2番打者の打撃によって3塁へは進めましたので左上枠には3番打者を表す「丸2」を書きます。そして左下枠に守備妨害を表す「IP」と守備妨害となった肉体的援助が発生した地点からもっとも近いと思われる野手であるサードを表す「」を書きます。これらのプレーは一連になりますので左上枠と左下枠を「継続線」で結びます。中心には「アウトカウント」も書きます。
 2番打者は右下枠にセンター前ヒットを表す「」「」「」を書きます。


審判が捕手へ守備妨害

審判が捕手を妨害

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死一塁。2番打者の4球目に1塁走者が2塁へ盗塁を試みた。2塁へ送球しようとしたキャッチャーの手が審判の体にぶつかり、キャッチャーは正しく送球を行えなかった。審判は守備妨害を宣告し、盗塁した走者は1塁へ戻された」

 審判が守備妨害を行っても審判がアウトになるわけが無く(笑)、代わりに打者や走者がアウトになっては攻撃側が堪りません。だからといって、そのままプレー続行では守備側が損をします。と、いうわけなので審判による守備妨害が発生した場合には「全てのプレーが無かったこと」になります。
 1塁走者(1番打者)は2塁へ盗塁を試みましたが、審判の守備妨害によって盗塁行為が無かったことになります。つまり、何も書きません。
 2番打者にも守備妨害は書きませんし、1塁走者の盗塁に関するタイミング記号なども書きません。ボールカウント欄に4球目を書くだけです。


審判に打球が当たり守備妨害

審判が打球に当たる

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一三塁。3番打者は初球を打ちセカンドへのゴロ。ところが打球はセカンドが処理するより前に審判に当たり、すぐにボールデッドが宣告された。1塁走者は2塁へ、打者走者は1塁への出塁が認められたが、3塁走者の進塁は認められなかった」

 フェアゾーン内にて、内野手(投手含む)に触れていないか、内野手(投手除く)を通過していない打球に審判が触れれば、審判の守備妨害になります。このような場合、打者には安打が記録されますが、走者は元の塁へ戻されてしまいます。
 3塁走者(1番打者)は何も影響がありませんので記入しません。
 1塁走者(2番打者)ですが、審判による守備妨害なので本来は進塁が認められないハズです。しかし、打者の出塁は認めらますので、それによって押し出される形で2塁への進塁が認められるという事になります。右上枠には3番打者を表す「丸3」を書きます。
 3番打者ですが、審判が守備妨害を行った地点から最も近い野手であるセカンドへの内野安打を表す「」「半円」「」を書き、暫定内容であることを表す「×」を加えておきます。暫定とはいえ、3番打者の打撃記録は間違いなくヒットです。

ページ最上部へ▲