打撃妨害

打撃妨害が発生した時の書き方。妨害されながら打撃、妨害時に走者が盗塁、監督の選択権など。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■打撃妨害

☆ポイント

 打撃妨害とは文字通り「打者が打撃行為(バットをスイングすることだけでなく、投球を見逃す動作も含む)を妨害されるプレー」です。一般的には「捕手のミットが打者のスイングしたバットに触れるプレー」が打撃妨害だと知られていますが、これ以外にも打撃妨害が適用されるプレーがあり、大きく分けると3つのパターンがあります。

1.捕手や野手が打者に触れる
 先に挙げた例もこれに含まれます。ここでいう「打者」には打者の身体はもちろん、バットも含み、「捕手」にはミットなどの身に着けている用具を含みます。現実には野手が打者に触れることは不可能だと思いますが、バントシフト時に猛ダッシュで前進したファーストやサードが勢い余って打者へ突進することがあると想定しているのかと思います(笑)
 野手や捕手が打者に触れさえすれば、打者がスイングしているかどうかは不問です。投手が投球姿勢に入った以降に捕手がよろけて打者に触れた時などは、打者のスイング状態などに関係なく打撃妨害が宣告されます。

2.ボールを持っていない捕手がホームベース上やその前方に出る
 「盗塁を刺すための送球」「スクイズの処置」を焦った捕手がやりそうなプレーです。投手が投球姿勢に入って以降は、捕手は投球を捕るまでにホームベース上やその前方(捕手の前方)へ出て行ってはダメです。この場合、打者がバッターボックス内にいたかどうか、打とうとしていたかどうかには関係なく、打撃妨害が宣告されます。

3.投手の投球が本塁を通過する前に野手が投球をカットした
 こんなプレーが実際にあるのかどうか知りませんが……。守備側のスクイズ防止策として、野手が突くかもしれない「ルールの盲点」を塞ぐためだけのルールです。
 内容を要約すれば、前進守備をしているファーストやサードが、打者(ホームベース)まで届いていない投球をカットして、スクイズプレーのために本塁へ走ってきた3塁走者にタッチする、みたいなプレーです。打撃妨害というよりはモラル的にどうかと(笑)

 打撃妨害が発生すると、打者には1塁が与えられます。それに伴い押し出される走者は次塁へ進めます。打撃妨害発生時に盗塁を試みていた走者は盗塁成立とみなされます。しかし、盗塁先の塁(2塁走者の盗塁なら3塁のこと)の走者が盗塁を試みていなかった場合は盗塁が認められません。
 「打撃妨害」自体は審判が宣告しますので、記録者は打者の出塁や走者の進塁を審判の判断に従って記入すれば良いのですが、「○塁走者の進塁が盗塁扱いになる、ならない」などは記録者が判断しなければなりません。

※自責点に興味が無い方は読み飛ばしてください
 スコアブックをつける時点では問題無いのですが、自責点を考える時に打撃妨害は特殊性を持っています。打撃妨害によって出塁した打者は打撃妨害というエラーによって出塁したことになりますので、その打者が生還しても自責点の対象となりません。まあ、このことは普通なので問題ないのですが、次が特殊です。打撃妨害によって出塁したということは、実はその打者は打撃機会を奪われたことになります。つまり、その打者の打撃結果は不明(アウトになっていたかどうかわからない)だという設定になるので、アウトの機会を算出する時には数えてはなりません。普通のエラーだと、「アウトが増えるハズだった」ということでアウト機会として数えますが、打撃妨害による出塁時には数えないのです。

打撃妨害発生時の記録の扱い
ボール
カウント
打撃妨害によって打者が出塁した場合はノーカウントとなり、打者にボールカウントを記入せず、投球数にも含めない。
加害野手 エラーが記録される。(一部例外あり。このページ内で解説している打撃妨害の記入において、打撃妨害の記号を使用する場合が野手にエラーが記録される場合です)
打席数 増える(打撃を終えたことになる)
打数 増えない(打撃機会が無かったことになる)
打点 増える(満塁時に打撃妨害による押し出し)
自責点 対象にならない(打撃妨害=野手のエラーなので)

打撃妨害で出塁

打撃妨害で出塁

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死二塁。2番打者の3球目時にキャッチャーのミットが打者のスイングしたバットに触れたので審判が打撃妨害を宣告し、打者は1塁へ出塁した」

 2塁走者(1番打者)には何も影響がありません(進塁・アウトになっていない)ので記入しません。
 2番打者の右下枠には打撃妨害を表す「」と妨害プレーをしたキャッチャーを表す「」を書きます。3球目は空振りだろうが、スイングしてファウルになろうがノーカウントですので、ボールカウント欄には何も書きません。


打撃妨害で出塁と進塁

打撃妨害で進塁・出塁

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死一三塁。2番打者の初球時にキャッチャーのミットが打者のスイングしたバットに触れたので審判が打撃妨害を宣告し、打者は1塁へ出塁し、1塁走者は2塁へ進んだ」

 3塁走者(1番打者)は後ろの塁(2塁)が空いていましたので、打撃妨害による打者の出塁によって押し出されませんので進塁出来ません。つまり何も書きません。
 1塁走者(2番打者)は3番打者の打撃(打撃妨害による出塁)によって2塁へ進んだことになりますので右上枠に3番打者を表す「丸3」を書きます。
 2番打者は右下枠に打撃妨害を表す「」と妨害プレーをしたキャッチャーを表す「」を書きます。1球目は空振りだろうが、スイングしてファウルになろうがノーカウントですので、ボールカウント欄には何も書きません。


打撃妨害発生時に盗塁

打撃妨害で出塁(盗塁も)

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の2球目時に1塁走者が2塁へ盗塁。刺そうとしたキャッチャーが焦ってしまい、投球をホームベース上まで前進して捕球し、2塁へ送球した。審判はその行為に対して打撃妨害を宣告し、打者は1塁へ出塁し、1塁走者は2塁へ進んだ」

 1塁走者(2番打者)は打撃妨害が発生するより前に盗塁を試みていました。打撃妨害したキャッチャーが2塁へ送球しましたが、この盗塁阻止のための送球内容(アウトかセーフ)に関係なく、盗塁は成功という扱いになります。つまり、1塁走者が2塁へ進んだ要因は打撃妨害によって打者が出塁したことによる押し出しではなく、盗塁だという事です。
 1塁走者の右上枠には盗塁を表す「」を書きます。本来なら「’(タイミング記号)」を加えるところですが、2番打者のカウント欄には1球分(初球の見逃しストライク)しか記号が書かれません。そこへタイミング記号を書いてしまうと「2球目の時」ではなく、「1球目の後か2球目の前」といった感じになってしまいます。また、この盗塁が打撃妨害とセットであると表したいところです。そこで、このような場合はタイミング記号の代わりに「#2」を書きます。これによって、この盗塁が発生したタイミングと打撃妨害発生が同時であるということがわかります。
 2番打者は右下枠に打撃妨害を表す「」と妨害プレーをしたキャッチャーを表す「」を書きます。この2球目は空振りだろうが、見逃してボールだろうがノーカウントですので、ボールカウント欄には何も書きません。


打撃妨害でヒッティングしアウトに

打撃妨害でも打撃(打球がフライ)

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死二塁。2番打者の3球目時にキャッチャーのミットが打者のスイングしたバットに触れたが打者はボールを打ち、セカンドフライになった。しかし、審判は打撃妨害を宣告し、打者は1塁へ出塁した」

 2番打者は打撃(セカンドフライ)しましたが、打撃妨害でした。このような「打撃妨害時に投球を打ったが打者はアウト、走者が誰も進塁出来なかった」場合、打撃自体が無かったことになり、打撃妨害だけが有効になります。
 2塁走者(1番打者)には何も影響がありませんので記入しません。
 2番打者は右下枠に打撃妨害を表す「」と妨害プレーをしたキャッチャーを表す「」を書きます。この3球目はノーカウントですので、ボールカウント欄にも何も書きません。


打撃妨害でヒッティングし、ヒット

打撃妨害でも打撃(打球がヒット)

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者の2球目時にキャッチャーのミットが打者のスイングしたバットに触れたが打者はボールを打ち、レフト前ヒットになった。1,2塁走者はそれぞれ進塁した」

 打撃妨害にもかかわらず、打者が打撃によって出塁し、全てのランナーが1つ以上進塁した場合、プレーは続行となります。つまり、打撃妨害が発生しなかったことになります(打撃妨害扱いにした方が攻撃側が不利になる可能性があるからです)。もっとも、このようなプレーでは審判が打撃妨害を宣告しないので、記入する側から見れば問題ないハズです。「キャッチャーが打者に触れても打撃妨害にならない場合がある」ということを把握すれば十分です。

 2塁走者(1番打者)は3番打者の打撃によって3塁へ進みましたので、左上枠には「丸3」を書きます。
 1塁走者(2番打者)は3番打者の打撃によって2塁へ進みましたので、右上枠には「丸3」を書きます。
 3番打者は右下枠にレフト前ヒットを表す「」「」「」を書きます。
 このように記入時にもキャッチャーがバットに触れたことは一切書きません。もちろん、キャッチャーにエラーも記録されませんし、打者の記録はヒット、投手に被安打が記録され自責点の対象となります。


打撃妨害ではなく四球

打撃妨害でも打撃(四死球)

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一塁、カウント0−3。2番打者の4球目時にキャッチャーのミットが打者の(スイングしていない・ハーフスイングの)バットに触れた。投球がボールだったので、審判は四球を宣告した」

 打撃妨害によって出塁かと思われる場面ですが、キャッチャーが打撃妨害を犯さなくても投球がボールだったので四球になり、打者は出塁できました。また、1つ上の打撃妨害でも打撃(打球がヒット)で書いたように打撃妨害にもかかわらず、打者が打撃によって出塁し、全てのランナーが1つ以上進塁した場合には、そのままプレー続行となります。この例もこれに該当しますので、四球という扱いになります。
 もしこの例が「無死二塁」の場面でしたら、条件を満たしていません(四球では2塁走者が進塁出来ない)ので、打者の記録は四球ではなく打撃妨害になります。また、この例では四球でしたが、死球の場合も全く同じ考え方です。

 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃によって2塁へ進みましたので、右上枠には「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠に四球を表す「」を書きます。カウント欄へボール「」の記入も忘れずに。キャッチャーがバットに触れたことは一切書きません。
 キャッチャーにエラーは記録されませんし、打者の記録は四球、投手に与四球が記録され自責点の対象となります。


監督の選択権により成り行きに

監督の選択権により打撃妨害に

打撃妨害でも打撃(監督の選択権)

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死三塁。2番打者の3球目時にキャッチャーのミットが打者のスイングしたバットに触れたが打者はボールを打ち、センターフライ。3塁走者はタッチアップで生還した。審判はプレーを中断し、監督の選択権を求めた」

 この例のように打撃妨害にもかかわらず打者が打撃をした結果、「打者はアウト/走者は進塁」になった場合、審判が攻撃チームの監督(代表)にどちらの選択肢(説明は下記)を選ぶかを尋ねます。このようなプレーを「監督の選択権」と呼びます。
 選択肢は2つあります。1つ目は、このまま成り行きに任せる(この例なら、犠牲フライを有効とし、1点入って一死走者無し)。2つ目は、打撃妨害を宣告してもらう(この例なら、点数は入らず、打者が出塁し無死一三塁)。記録者は監督の選択結果を書くことになります。

 (成り行きに任せる。左図a.)3塁走者(1番打者)は2番打者の打撃によって生還しましたので左下枠には「丸2」を書き、中心に得点を表す「」を書きます。
 2番打者は右下枠にセンターフライを表す「」「下向きカッコ」を書き、左横に犠牲フライを表す「」を。中心に「アウトカウント」を書きます。
 キャッチャーにエラーは記録されませんし、打者の記録は犠飛、投手は自責点の対象となります。

 (打撃妨害。左図b.)3塁走者(1番打者)には何も影響がありませんので記入しません。
 2番打者は右下枠に打撃妨害を表す「」と妨害プレーをしたキャッチャーを表す「」を書きます。この2球目はノーカウントですので、ボールカウント欄にも何も書きません。


打撃妨害にボークが加算されるペナルティー

スクイズ時の打撃妨害

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一三塁。3番打者の2球目時にスクイズを試みるとキャッチャーのミットがバントしようとした打者に触れ、打撃妨害が宣告された。3塁走者の生還が認められ、1塁走者は2塁、打者走者は1塁に出塁した」

 普通の打撃妨害の処理ですと、この例の場面では打者が出塁することによって押し出される1塁走者が2塁へ進めるのは当然として、押し出されない3塁走者の生還は認められないハズです。しかし、このような処理で終わってしまうと、スクイズに対して打撃妨害をした守備側が「失点を防いだ」ことになり、守備側が得をしたことになります。そこで、3塁走者がスクイズか盗塁で本塁を狙った時に打撃妨害が発生した場合は、打撃妨害だけでなく、投手のボークも課せられます。
 ボークですと、全ての走者に対して1つの進塁が与えられますので、3塁走者の生還が認められることになります。まあ、投手からすれば捕手のミスを自分に押し付けられる格好になります(笑)これは形の上だけでなく、記録としても投手のボークです。
 このようなプレーが発生した時に審判が正しく「ボーク」と「打撃妨害」の両方を宣告してくれれば記録者が間違うことが無いのですが、片方だけを宣告するかもしれませんので注意が必要です。こういったプレーが発生すれば「ボークと打撃妨害が発生したことになる」と思って下さい。

 3塁走者(1番打者)はボークによって本塁へ還りましたので左下枠にはボークを表す「bk」を書きます。ボークと打撃妨害はセットですのでタイミング記号の代わりに「#2」を加えておきます。中心には得点を表す「」を書きます。
 1塁走者(2番打者)の2塁への進塁は打撃妨害による押し出しではなく、ボークです。右上枠にはボークを表す「bk」を書きます。ボークと打撃妨害はセットですのでタイミング記号の代わりに「#2」を加えておきます。
 3番打者は打撃妨害によって出塁しました。右下枠に打撃妨害を表す「」と妨害プレーをしたキャッチャーを表す「」を書きます。
 3塁走者の生還はボークによりますので自責点の対象です。しかし、打者の出塁はキャッチャーのエラー(打撃妨害)ですので自責点の対象とはなりません。また、3塁走者の生還はボークによりますので打者の打点になりません。
(参考:打撃妨害で出塁(盗塁も)

ページ最上部へ▲