世界遺産がいま熱い!!

2007年の夏、石見銀山遺跡が世界遺産として登録されてから、日本でも一気に世界遺産ブームが盛り上がりました。

また、テレビ番組でも世界各地の世界遺産が特集され、旅行会社においても世界遺産をまわるツアーが人気を博しています。JTBや日本旅行、HISなど大手旅行会社が企画していますので、興味ある人はチェックしてみてください。

 

でも、そもそも世界遺産って???

そんな世界遺産初心者のために作ったのがこの「世界遺産の入門教室」というサイトです。さあ、みなさん一緒に世界遺産について学びましょう!

 

世界遺産とは?

まずは「世界遺産」という、この言葉に注目してみましょう。
Wikipediaによるとこうあります。

詳しくはこちら

世界遺産に登録されるには?

では、どうすれば世界遺産に認められ、晴れて登録されることになるのでしょうか?ここでは、世界遺産リスト登録までの大まかな流れを追ってみたいと思います。

詳しくはこちら

世界遺産を支えるユネスコとは?

こちらの記事でも説明したように、1972年のユネスコ総会で採択されたのが「世界遺産条約」(「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」)です。この条約にに基づいて、登録されたものが世界遺産と呼ばれます。

詳しくはこちら

日本の世界遺産

旅行会社各社が企画するツアーでも最近人気なのが、世界遺産を訪れるツアーです。海外旅行でももちろんですが、日本国内でも世界遺産関連のツアーはとても人気があります。では、日本国内にはどんな世界遺産があるのでしょうか?

詳しくはこちら

日本の世界遺産予備軍たち

こちらのページで説明したように、日本で現在、世界遺産に登録されているのは全部で14件です。記憶にも新しい方もいらっしゃるかもしれませんが、2007年のニュージーランドにおける第31回ユネスコ世界遺産会議で島根県「石見銀山遺跡とその文化的背景」が文化遺産に登録されました。これに刺激を受けて、日本各地で世界遺産登録運動が盛り上がっているのです。では、日本が現在暫定リストに挙げているのはどこでしょうか?

詳しくはこちら