色のトーン    

トーンとは、色の明度と彩度の関係で表現される複合概念。 PCCS色彩体系:トーンの分類

トーンの分類  明度、彩度の位置関係

  色はトーンで印象が変わります(ここでは赤を例に変化を見てみましょう)

  純色の赤は彩度が高く、右へ行くと彩度が高く鮮やか、左へ行くほど彩度が下がり

  鈍くくすんだ感じの色味になります。 上下には明度の関係をあらわす。上へ行く

  ほど明るく白くなる、下へ行くほど灰みが強く一番下は黒になる。

↓詳しい位置関係の概略図はこちら  (太字はトーンの記号)

W
White
               
   
pale
薄い
    鮮やかさ
  →
     
lGy
ight Gray
明るい灰色
      lt
light
浅い
    ↑明るい  
    ltg
light grayish
明るい灰みの
  sf
soft
柔らかい
穏やかな
 
bright
明るい
   
mGy
midum Gray
中ぐらいの灰色
         
strong
強い
 
vivid
さえた
鮮やかな
   
grayish
灰みの
 
dull
鈍い
くすんだ
  dp
deep
濃い
深い
   
dkGy
dark Gray
暗い灰色
      dk
dark
暗い
    暗い  
    dkg
dark grayish
暗い灰みの

  鈍く暗い
 ←
     
Bk
Black
               

色のトーンのイメージ

v :さえた、鮮やかな、派手な、目立つ       p :薄い,軽い、弱い、女性的、若々しい、優しい、淡い

b :明るい、健康的、陽気な、華やかな       ltg :落ち着いた、渋い、おとなしい

s :強い、動的な、情熱的な              g :灰みの、濁った、地味な

dp :濃い、深い、充実、伝統的な、和風の     dkg :陰気な、重い、固い、男性的な

lt :浅い、澄んだ、爽やかな、楽しい         W :清潔な、冷たい、新鮮な

sf :柔らかい、穏やかな、ぼんやりした       Gy :スモーキーな、しゃれた、寂しい

d :鈍い、くすんだ、中間的な             Bk :高級な、フォーマルな、シックな、お洒落な、締まった

dk :暗い、おとなっぽい、丈夫な、円熟

トップページに戻る