コンサーティーナの演奏される風景

コンサーティーナという楽器は、大きく分けて2つに分類
されます。ダイアトニックスタイルは、押し引き異なる音を
出し、特にアイリッシュ音楽に多用されます。
半音階を加えたアングロコンサーティーナというタイプも
あります。

もう1つのタイプがクロマチックで、イングリッシュスタイルと
呼び、押し引き同音で半音階を備えています。
2つのスタイルの楽器には、それぞれの利点がありますが
特にイングリッシュスタイルに於いては、どんな調の曲でも
演奏できるという大きな利点があります。

日本の童謡をはじめとして、多くの名曲を制限無く演奏
できるということは何よりの魅力で、1台持っていれば、
いつでもどこでも楽しい演奏に浸ることができます。

また、この楽器は基本的にはセッションで演奏されること
が多く、一人でしんみりとその音楽を楽しむ以外に、沢山
の友人同士で共に、演奏を介してコミュニケーションも
出来るという、いとおしい楽器です。