逆光円錐ウキの作り方
(逆光の時ばかりでなく普通の時も良く見えます.ウキ自身が光ってるように
とにかく視認性バツグン


作り方を6画面に分けて説明します。

1.道具類・材料
2.オモリの製作
3.トップ・桐材の加工
4.オモリ・トップの取付
5.削り・浮力調整
6.塗装・シール貼り・仕上げ

道具類(ざっとこんなもんでしょうかね)

ミニ・ウッドレースにドリルチャックを付け使用

そしてバイス(万力)にはさんで使用

のこぎり・金のこ・ペンチ・ラジペン・ヤスリ・
組やすりの角(先を研いで削りに使用)・カッター・ペーパー(180・320・600番)

ドリルのキリは2mm 2.5mm 3mm 3.1mm7.8mm(太文字のみでも可)
ドリルのキリは2mmと3mmはそのまま使用 2.5mm3.1mmはテーパーに削り使用。


蛍光色・アンダーコート・シーラー・黒線引きは水生を使用。クリアは2液性ウレタンを使用
他に、フイルムの空き筒、シンナーなど。

塗りを乾かすための台(板に2.5mmの穴をあけた物、2枚あれば良)つま楊枝(たくさん必要)

五本組ヤスリの角ヤスリの先端をこのように
砥ぎバイトとして使用


材料

20mmの桐材・8mmの真鍮丸棒3mmの
真鍮とアルミのパイプ

桐材は釣具店あとはホームセンターで購入

釣具屋さんで見つけた2個入り¥100の逆光ウキ(知り合いの釣具屋さんで取り寄せてもらってます)

UMEZUマーク・太公望の逆光玉10号を使用


カヤ浮き作りへ 貝塚アングラーズのTOPページへ オモリの製作