磯釣り仕掛け集

フカセ釣り 説明   主な対象魚・グレ
ごく一般的な仕掛けを書いていますが、図の場合
うき固定式ですが、うき止めを作り移動式にしたり
また、うき止め無しの、うき移動のスルスル仕掛けにしたり、
二枚潮や、風の向きと潮の流れが違う時には、ハリス部分
に水中うきを使ったり、潮の状況により、ハリスにオモリを付
けたりでその状況により仕掛けも千差万別に変化します。

主にサシエはオキアミですが、ボイルのオキアミや
湖産エビ・アミエビ・石ゴカイ・アオサのりなどが使われます。

カゴ釣り
 主にグレ・イサギ・アイゴ・真鯛など
カゴ釣りは沖の潮目やシモリをピンポイントで攻める釣りです。
そのため、対象魚も多く青物も対象になります。
イサギを専門に狙うには、ハリスは2ヒロ取ります。
南紀では、より遠くのポイントを狙うのに6.3mの竿が主流です。
魚の取り込みには、よほどの大型で無い限り、ほとんどの場合放り上げるので掬いタマはあまり使いません。
フカセ釣りの人がいるポイントでの、カゴ釣りはマナーとして慎みましょう。
カゴに入れるコマセは、オキアミとアミエビのミックスが一般的ですが、集魚剤なども混ぜ合わせます。

*今では、遠投用の竿が発売されていますが、普通の竿の場合、リールの位置を、竿尻からリールの位置を腕の長さに改造します。(リールを持って竿尻が脇の下に来る長さ。)
この仕掛けは、2本針仕様の仕掛けです。
場所により、2本針を使用する時の仕掛けで、
絡みにくくするために、0.8〜1mmのステンの針金で、テンビンを作ります。
枝針のハリスの長さと、本針の長さの取り方で、絡む場合がありますので、絡ない長さ調整が必要です。
(枝針の結び方は、枝針の針を道糸側にして、8の字結びが簡単です。)
大物が回っている場合は、一本針にするか、ハリスを4号にします。

石鯛釣り     石鯛・石垣鯛・タマミなど
基本的な一本針仕掛けです。
石鯛・石垣鯛のエサは、サザエ・ナガレコ・ヤドカリ・サルボ貝・カニなどです。
ウニ・マムシを使う場合はこの仕掛けに、二本の針で作ったタラシを使います。(たらしの針にマムシを刺し、本針でウニを刺して止めます)
図の仕掛けが、一番簡単ですが、根が荒い場所では、ハリスより一番手大きいワイヤーで瀬ずれワイヤーを作り、道糸とスナップサルカンの間に入れます。(その場合、オモリは瀬ずれワイヤーを移動)
さらに大判を狙う場合、道糸を30号にします。(この太さが人が、根掛りをして引っ張って切れるギリギリの太さです。)

タマミの夜釣り
*タマミ釣の場合はハリスはケブラー#20を半ヒロ取り、針は石鯛針17〜20号・エサはアジを使います。
この場合ドラッグは緩めておき、クリック音で糸を出し、魚がエサを食わえ走りだして止まってから、ワンテンポ置いて合わせます。
そしてドラッグを締めながらリールを巻きます。
クエ釣り   対象魚クエ・大型ヒラマサ
磯の大物クエを釣り上げるためには、情報と根気が必要です。
まず、なんと言ってもクエのいる場所の検討。
そして、仕掛けの設定。
エサは死にアジかサバ、ムロアジなどの一匹掛けです。
活きたグレなども格好のエサになります。
80号以上の道糸を使うため、根掛りはカッターを使って道糸を切断します。
道具立ても石鯛の仕掛けより、一回り大きく重くなります。

クエ釣り、これは危険が伴う釣りでもあります。
決して油断をしないように!
ピトンは竿尻を固定するロータリーピトンを使います。
基本的には、クエのアタリがあり、取り込み時、竿は持たず道糸を引っ張り、手繰りよせます。
竿の肩入れや、竿を持つと危険です。

*取り込み時道糸は出さず、道糸を手でたぐりよせますが、2〜3ヒロ手繰り寄せると急に軽くなりますが、ここでバレたと思って、手繰るのをやめると、魚が反転し根に持っていかれますので、一気に魚が水面に出るまで手繰り寄せます。
超大物釣り    カッポレ(ロウニンアジ)・イソマグロなど
磯から釣る魚でこれ以上のパワーの魚はいません。
人と魚との格闘と言うべき釣りであり、何よりも気力・体力が必要です。
仕掛けには、色んなバリエーションがあります。
図はブッコミ釣りですが、オモリ無しの活エサの泳がせ釣り・
うきを付けた流し釣りなど、場所・状況により仕掛けを替えます。
操作性を考えますと、竿の長さは4.5mになります。
エサは手に入れば、活きたムロアジがよいのですが、冷凍の魚でも大丈夫です。
活けエサの確保のために、活けエサを釣る必要がありますが、そのためにまた道具が増えます。
磯の上で泊り込みと云った釣りになります。
道糸も、より強いものが発売されていますし、ピトンや竿受けなども色んなものが、発売されてます。
ピトンは必ずロータリーピトンで、竿尻を固定します。
一人で対応するには、4点式のロープで竿を支えます。
左の仕掛け図は、糸をある程度出して魚を疲れさせ取り込む方法です。
糸を出さずに対応するには、100号以上の道糸とハリスもワンランク以上の太さが必要です。
アオリイカ釣り    ヤエン釣り
ここ4〜5年前より急激なブームとなりアオリイカ釣りの人も増えました。
仕掛けとしては、シンプルですが、アオリイカがエサのアジを捕まえて、食べるのを見計らってヤエンを投入し、ヤエンの針にアオリイカを引っ掛けて釣る釣りです。
ヤエンの入れるタイミングや、イカのやり取りまどスリリングな釣りが楽しめます。
一度やると病み付きになる釣りでもあります。
詳しくは、
アオリイカのコーナー

管理人の道具箱で道具類をみてね!

    うき作り 貝塚アングラーズのTOPページへ
↑TOPへ
管理人の道具箱