リールの改造と種類
私の場合カゴ釣りがメインなので、糸巻き量は5号・150mを巻けるリールを基準にしております。

ダイワ SS−900LB ダイワ SS−850LB シマノ BBX−5000EV ダイワ 3000LBA シマノ テクニウム5000
ダイワの初代LB1000は行方知れず。
LBのリールが発売され使って見るとすると、魚とのやり取りの楽しさにはまっちゃいました。
このリールはSS900LBでダイワのLB2代目の製品で、逆転してもハンドルが回らないのが売りであった。

が、しかし逆転でハンドルを持っているとガンガンとショックが手に伝わった。
このリールで初代の様に逆転でハンドルも回るように変更された。
ただ、ブレーキレバーを握と巻き取りも重くなった
当時それが当たり前だと思っていた
2代目のSS900LBより初代のLBに戻った感じがしたモデル。
シマノではブレーキレバーを握っても普通に巻き取りが出来ていたので、すごくスグレものだった。(逆転時のみ負荷が掛かる)
右のダイワ3000LBを買いレバーを握るとストッパーOFFになるので出来ないかと思い改造
思考錯誤の後、完成 今でも現役であります。
ブレーキレバーを握ればストッパーがOFFになるので購入したが、2000番2500番と同じボデーなので、ハンドルが短く、100mも流すと巻き取りがつらい4号150mと少し小さいしやっぱ、フカセ用だな
買ったときのアンケートで「ドラッグ付きのLBのリールがほしい」と書いたら一年後に発売され、お礼にいただいた物がシール一枚とはね!「貴重なご意見ありがとうございました。」だってさ!
初代テクニウムを手に入れ、BBX−5000EVと同じように改造
新製品が6万円じゃこのご時世ちょっと手が出ない
旧型だがさすがシマノの最高位のリールで回転がすごく軽い
改造で新製品以上の使い心地を!
今回はこのリールで改造説明をしています。

これから改造になりますが、もし挑戦なされるなら、自己責任においてお願いいたします。

シマノのリールでも最近のBの部分が ローラークラッチ のリールはできません。

@
まず用意する道具類は
+−のドライバー・ラジオペンチ・ペンチ・ボール盤(なければ電気ドリル)1、2か1,3mmのドリル・0,8mmのステンレス線(10cmあればよい)グリスなど
A
まず、スプールをはずし、スプール軸のピン固定のOリングえおはずし、固定ピンを抜き、回転枠ナットの固定ビスを抜き、留め金をはずし、回転枠ナットをゆるめます。
B
はずした部品は順番に並べていきます。
ローターをはずしたとき写真の状態であれば、
これから以降の改造になりますが、
ローラークラッチ で組み込まれているリールは
ここでは改造できません。
(ストッパー構造が異なっている為)
C
そして、ボディーの部分まで、ばらします。
ボディーカバーをはずした中のネジは今回はずしません。
D
○の部分が今回改造の重要なポイントであるストッパー部です。
E
○印の部分で穴を開ける位置を決めます。
この場合ボディーとブレーキレバー部の部品の穴開けの位置もきめます。
ローター蓋の内側でブレーキ部の邪魔にならない場所に、写真の様に線を入れ、穴の場所を決めます。
F
ブレーキレバー部を穴あけの為に、3つのネジをはずします、このとき画面下方のバネをなくさないように。
G
ブレーキレバーに
Eで印をつけた位置に1.2〜3mmの穴を開けます。
H
ボディーの方にも、
Iの部品をはずした後、同じく穴をあけます。
この時、ドリルの削りかすはボディーに残さないように!
I
Hの中ほどのビスをはずした時の部品です。
J
Iの写真下の部品、ストッパーに穴を開けます。
K
上のストッパーの穴あき部分の拡大です。
左に行くほどストロークが大きく必要となります、
もう少し1〜2mm右のほうがよかったかな。
穴あけのカエリをとるために削りました。
穴あけが済んだら、組み立てます。
L
0.8mmのステンレス線(バネ材)を写真のように曲げ、短い部分は上の写真のストッパーの厚さにカットします。
(写真はカット前で長い目です。)
M
Lのステンレスの針金を穴に通します。
N
スムーズに入りにくいのでラジオペンチで押し込みます。(入りにくければ針金を少し曲げてやると入ります。)
O
ストッパーの穴の部分に入りにくいので、ストッパーのネジをはずして穴に入れます。
7〜8mm残して切断しギアの凸部にストッパーが乗った状態で
Rのように針金を曲げます。(仮ですので、状態を見ながら、曲げる位置を決めてください。)
P
仮組み立てをしてQのブレーキレバーと本体の線で引いた間でブレーキレバーを引いたときにストッパーがギアから離れるように調整します。
(根気良く、本体カバーとローターを仮組み立てして調整します。)
Q
Pのレバーと本体部分の拡大でこの線の範囲でストッパーがギアから外れるように調整します。
R
位置が決まれば、きっちりとステンレスの針金の端を曲げ再度確認します。
S.
確認できたら、グリスと油を差します。
21.
そして組み付ければ完成です。

ここで再度、ストッパーがONの状態でブレーキレバーを引き、ハンドルを逆回転に回せれば成功です。
(私の場合少しギアのすれる音がしますが大丈夫でした。音が鳴らない位置にするとストッパーをONにすると時々ストッパーが効かななくなりました。)
ここで不具合が出たら、再度調整です。
くれぐれもこの改造は自己責任にてお願いいたします。
リールの破損などに関して、当方では責任を負えません。

管理人の道具箱
TOPページへ↑
りールのベアリング追加の改造