アオリイカの釣り

アオリイカの釣り方として、エギング・ウキ釣り・ヤエン釣り、などがありますが、私なりに、長所と短所を考えて見ました。

釣り方 長所 短所
@エギング 誰でも気軽に楽しめる。
道具が簡単。
エサがいらない。
小型〜中型の数釣りに適す
体力勝負的。
地合が比較的短時間である。
Aウキ釣り 向こう合わせなので比較的簡単に釣れる。
ヤエン釣りに比べ、簡単にである。
大型になると身切れで取り込みにくい。
取り込める確立が低い。
投入時仕掛けがオマツリしやすい。
潮の早い流れでは釣りづらい。
Bヤエン釣り 大型に対処できる。
投入時仕掛けがオマツリしない。
アタリ→ヤエン入れ→取り込みまでスリリングさを強く味わえる。(楽しめる。)
経験が必要。(コツをつかむまで)
その状況により、取り込める確率が変化する。
小型には対処しにくい面がある。


ここではヤエン釣りについて説明いたします。 

順序 操作 説明
竿にリールをセットしラインをガイドに通し針を結びます。 ライン5号にチヌ針4号位を直結
竿を伸ばし竿をピトンに掛け、アジに針を掛けます。 中骨に当らぬ様に針を尾の近くに刺し、尾に一回輪を作り締める
アジを投げ入れ、竿をピトンに掛け、ラインを鈴に掛けアタリを待つ。 リールのドラッグを緩め抵抗がなくラインが出るように。(ベールを起こしラインの出がフリーの状態でもよい)
アタリがあり、ラインが出て行きますが慌てず、タイマーをセット
タイマーは3〜5分にセットアップしておきます。ラインをそのまま出しますが、根によくラインが掛りそうなポイントでは、ドラッグを滑らしテンションを掛けラインを出す方が根がかりが防げます。
3〜5分経過(タイマーの時間)後再びタイマーをセットします。そして6に進む! 再度3〜5分のセットは、大きさ、イカの活性などにより、ヤエンの投入タイミングを計るため、そしてその時のイカの活性を計るために!(最長10分まで待てますが、大型だと5分!それ以上は待てません。)
竿をゆっくりと水平に持ち、穂先を海面近くに持ってゆき後方にゆっくりと引きます。 この時にイカの大きさを把握し、ジェット噴射を繰り返すようなら1〜2分待ちます。(穂先を海面近くにするのは、竿を立てるとイカを水面方向に上げ驚かさないためで、ヤエンを投入後竿を立てます。)
イかの抵抗が無くなったのを見計らいヤエンを入れます。 ジェト噴射ではなく、グッー・グッーと引く時は、穂先を水面近くに持って行き、あしらいます。
やがて抵抗がなくなり、重いだけになると、ゆっくりと5m程ラインを巻き取りイかの引きがなければヤエンを入れます。
ヤエン着水まで道糸は放さないこと!
竿を立て、竿の弾力を使いゆっくりとしたポンピングで、竿を前に倒した時にリールを巻きます。(ドラッグは少し強く巻くとすべって糸が出るように調整) ヤエン投入後イカにラインを出されていたりして、ヤエンが空中に見えても、イカを手前まで寄せてくると角度が付き、自然に降下するので慌てずゆっくりとリールを巻く事。(竿を叩いたり、しゃくったりしないで!)
イカが見えてきて、エサのアジを放していてるかスミを吐けばギャフまたは、タモで取り込みます。 イカがアジを抱いているとき(アジが見えない)はイカが真下(竿下)に入り込む位置で少し緩めて、潜り込ませヤエンの掛け直しをし針掛りの確認をします。(針が掛っているとアジを放しています。たまに放さないのもいますが・・・。)
タモは必ず足の反対側から!
** 4のようにアタリが出ない場合もあります(居食いの場合) アタリがなくとも15〜30分に1回は竿をあおりアジの確認と潮の流れをチェック。不自然なラインの流れに注意!
居食いがわかった場合にもタイマーを5分でセットし
竿の穂先を水面近くにもって行き、すんなり寄ってくるようなら、ヤエンを入れますが、ジェット噴射の場合にはからの手順で行います。

 ざっとこんな感じですが、とにかく、あわてず・急がずです。

 その時期・潮周り・気温などで食いは色々と変化しますが、大型はどんなに
 待っても10分までです。
 小型(1kg以下)は20分ぐらいまで待てますが、よほどイカの活性が悪い
 ときです。
 その時の状態はタイマーを目安にして、(一応の目安として、最終的にはイカ
 の抵抗が無くなった時)ヤエン投入のタイミングを取ってください。
 (一パイ取り込めたらおよその時間がわかりますので参考にして

 
引き寄せにかかった時や、手前でイカがアジを放した時はそのままの状態で
 しばらく待つとまた乗ってきますので、あわててリールを巻かないで!
 小型になるとヤエンを入れたままで手前でアジを放しても乗ってきますので、
 竿をピトンに掛けて待つのもよいでしょう

 アオリイカがエサを放していないときは竿下まで持ってきて、そのまま竿下で
 1〜2分放って置きヤエンの掛け直しをします。

 (ヤエンにアオリイカが掛かるとエサのアジを放します。)
アオリイカTop 貝塚アングラーズのTOPページへ
↑Topへ
活けアジ購入案内