「やくしま日記」は、2000年5月より、屋久島での日々を綴った不定期通信です。

5月14日

きょう、ぼくは、みやのうらだけに、いきました。
おひさまは、かおをだしていたけど、かぜは、わっぜえつよくて
おやまのうえは、さむかったです。
せかいいさんかいぎだか、こうたいしがくるんだか、しらないけど
おまわりさんが、わっぜえいて、
ぼくは、なんにもわるいことしてないけど、
わっぜえ、やだったです。
                          
わっぜえ=とっても   



5月15日

ぼくはきょうも、じょうもんすぎにいきました。
あしたも、じょうもんすぎです。
とろっこどうは、つうきんろです。
ぱそこんがはいって、ますます、ねるじかんがありません。
なぽれおんの、いうことは、うそだとおもっていたけど、
なんとかなるものかもね。
うるとらまん がいあ がとてもおもしろくて、
まいにち、みてます。
こうたいしも、うるとらまん、みてたのかな。



5月20日

きょうは、せかいいさんかいぎにきた、あきたけんちじを、
みやのうらだけに、あんないしました。
こうたいしには、たのまれませんでした。
ちじは、3じから、かいぎがあるので、
1ジ30ぷんには、やまをおりなければなりません。
さんちょうに、いくのは、ぜったいむりだ。
と、みんないい、ぼくも、そうおもいました。
でも、ちじは、とってもつよくて、
9じ20ぷんには、みやのうらだけに、ついてしまいました。
ふつう、5じかんのところ、3じかんで、です。
あきたけんちじ、おそるべし。
せかいいさん、しらがみさんちは、だてじゃない。
ぼくはあした、5がつはじめての、おやすみです。
びーるがうまいです。



5月23日

さいきん、あめがありまあせん。
やくしまらしくないです。
こけが、かわいて、かわいそう。
こすぎだにまえの、かわも、みずがすくなくて、ながれがないから、
もが、ふえて、にごってます。
おおあめが、ふったら、きれいになるかな。
でも、かみなりもきたら、たいへん。
ぱそこんも、でんわも、てれびも、こわれちゃう。
でんきのないときは、そんなこと、しんぱいしなくて、よかったのになあ。



5月29日

おとまりの、じゅうそうを、しました。
GWも、せかいいさんかいぎも、おわったけど、
まだ、おきゃくさんは、わっぜえ、きます。
やまごやも、いっぱいです。
ゆかで、ねてたら、おちてきた、ねずみに、ゆびをかじられました。
ぼくのゆびは、おいしいらしい。
ことしは、ちょっと、すくないけど、しゃくなげも、さきはじめました。
きれいです。



6月4日

やくしまが、つゆいりしました。
5がつはぜんぜん、ふらなかったのに、きょうは、いきなり、おおあめ。
でんわも、しばらく、つうじませんでした。
しごとも、おやすみ。
こんなひも、いいかな。

しゅけおびうんてんで、つかまってから、もうすぐ1ねんです。
ちょっとそこまで、と、くるまにのったら、
うしろから、いきなり、ぱとかーが。
「そこのワゴン車、止まりなさい」
よいは、いっぺんにさめたけど、さけくささは、きえません。
おまわりさんは、あかるく、ていねいに、きっぷをきると
「これから今夜どうしますか」
と、したしげに、ききました。
「知り合いの飲み屋へ行こうと思ってたけど、車の中で寝ますよ」
ぼくが、ふてくされて、そうこたえると、
「じゃあ、送って行ってあげますよ」
と、ぼくのくるまを、うんてんして、くれました。
うしろから、ぱとかーもついてきます。
「野々山さん、こないだテレビに出てたでしょう。見ましたよ」
おまわりさんは、うれしそうに、そうはなしかけてきました。
でも、いはんは、かんべんしてくれません。
にいがたけんけいなら、よかったのになあ。



6月8日

しばらくぶりに、うみがめの、さんらんのあんないをしました。
うみがめのしりを、おっかける、すとーかーだな。
かめをみたい、みんなのきもちは、わかるけど、
かめには、いいめいわく。
でも、だれかが、みてないと、みんな、かってにかめにさわる。
たまごも、うめなくなる。
ぼくのしごとって、なにかなあ。



6月12日

くるまを、ぶつけてしまいました。
ばっくしたとき、でんちゅうにきずかず、ばーんと。
しっけで、りやがらすが、くもって、みえなくて・・・
は、いいわけだよなあ。
うしろのどあは、ぜんとっかえです。
すべてじぶんの、ふちゅうい。
わらうしかないです。
ひとはねなかったから、わらいごとですみます。
あたったときは、ぼーぜん。
でも、しばらくしてから、
「これは、やくしま日記のネタになるな」
と、おもいました。ばかです。
いくらはたらいても、おかねはたまらない。
あたりまえだ。
なにをやってるのかなあ、ぼくは。
そんな、やくしまの、のんびりしたまいにち。
とっても、すきです。



6月15日

やくしまは、ゆうめいに、なったので
てれびとか、えいがのさつえいが、たくさんきます。
4ねんくらいまえ、かいじゅうえいがの「モスラ」がきました。
「モスラ」のこどもが、じょうもんすぎで、まゆをつくる。
という、おはなしでした。
ほんとうです。
こないだ、やまだようじ かんとくの「学校4」のさつえいもありました。
とうこうきょひの、こどもが、じょうもんすぎで、まゆをつくる。
という、はなしでした。
・・・のわけない。
じょうもんすぎをみて、げんきになる、
という、おはなしです。
まゆつくったほうが、おもしろいのに。



6月20日

きょうも、しごとなく、1にちねてました。
ひやといにんぷの、せいかつです。
じかんを、ゆうこうに、つかえばいいのに、なにもしません。
やっぱり、ぼくは「ナマケモノ」だな、と、おもいます。
いまはじまったことではなく、むかしからそうです。
これでは、よめさんが、くるわけありません。
ぜんぜん、あても、ないけど。
まあ、いいか、なんとか、なるさ。
らくてんてきなとこだけは、ちょういちりゅうです。
「豊かな青春、惨めな老後」
という、かくげんを、かみしめたい、と、おもいます。

  

やくしま日記 2 






やくしま日記
トップページへ戻る