障害基礎年金と
他の年金との併給

平成18年4月より、障害基礎年金と老齢厚生年金及び遺族厚生年金の併給が可能となりました。
従来までは、障害基礎年金を受給しながら事業所で働き、厚生年金保険料を納めて老齢厚生年金の受給権を得たとしても、障害と老齢の年金の併給ができなかったために、納めた保険料が反映されないことがありました。
そこで、働く障害者の保険料納付実績を年金に反映されるために、老齢厚生年金と障害基礎年金との併給が可能となります。

現行制度での問題点

上の図のような場合、前の制度では65歳以降の年金について、「老齢厚生年金」+「老齢基礎年金」か「障害基礎年金」(点線の枠部分)をどちらかを選択して受給するしかありませんでした。

しかし、障害基礎年金の受給権者は法廷免除となっていますので、老齢基礎年金を選択した場合、満額を受給することはできません。
また、障害基礎年金を選択した場合、老齢厚生年金との併給ができませんので就職した厚生年金期間がまったく反映されないことになります。

そこで、65歳以降、平成18年4月より「障害基礎年金」+「老齢厚生年金」と、「障害基礎年金」+「遺族厚生年金」との併給が可能になります。

注)
●障害基礎年金と老齢厚生年金にはどちらも「子」の加算があります。
その場合、老齢厚生年金の「子」の加給年金は支給停止されます。

障害の給付について
障害の年金の受給要件
事後重症・基準障害・併合など
障害の年金の額
障害の年金の停止・失権
障害手当金
特別障害給付金
障害基礎年金と他の年金との併給について
TOPへもどる