特別障害給付金

平成17年4月から新しく創設された制度です。
国民年金の任意加入の期間に加入していなかったために障害基礎年金を受給できない障害者の方々に「特別障害給付金」を支給しようというものです。
(「特定障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律」が平成17年4月1日より施行)

支給対象となる方
@昭和61年3月以前に国民年金任意加入の対象であった被用者(厚生年金・共済組合等の加入者)の配偶者
A平成3年3月以前に国民年金任意加入の対象であった学生

であって、任意加入していなかった期間内に初診日があり、現在障害基礎年金の障害等級に該当する人。
ただし、65歳に達する日の前日までに当該障害状態に該当した方に限られ、障害基礎年金や障害厚生年金、障害共済年金を受給することができる方は対象から除かれます。

支給額
障害基礎年金1級に該当する方・・・・・・月額5万円
障害基礎年金2級に該当する方・・・・・・月額4万円

これらの支給額は毎年度物価の変動により、改定されます。

●所得制限があります。
●給付金は、請求月の翌月分から支給されます。
●老齢基礎年金等を受けることができるとき、全部または一部を停止。

請求の窓口など
●請求の窓口は市町村役場
●平成17年4月1日から受付開始です。
原則は65歳に達する日の前日までに請求しなければなりませんが、経過措置として平成17年4月現在に65歳を超えている方は平成22年3月31日まで申請することができますし、施行日まもなく65歳に達する方についても経過措置が講じられる予定。

注意
●給付金は、請求月の翌月分からの支給ですので、4月に請求されると5月分からの支給となります。
●障害の認定、初診日や初診日の在学状況、扶養関係などを確認するための書類が請求には必要ですが、書類が全て揃わなくても4月中に請求することが可能。
後日資料を揃えて提出すれば、5月分に遡って支給されます。
●給付金の支給期間は、国民年金の申請免除の対象になります。

障害の給付について
障害の年金の受給要件
事後重症・基準障害・併合など
障害の年金の額
障害の年金の停止・失権
障害手当金
特別障害給付金
障害基礎年金と他の年金との併給について
TOPへもどる