保険料のこと

国民年金の保険料

月額15,100円
付加保険料  月額400円
となっています。(平成22年度価格)

 前払い制度もあり、少し割り引かれます。

ちなみに・・・
現金で毎月納めると・・・15,100円×12月=181,200円
現金で1年分前納すると・・・3,800円の割引→177,400円

厚生年金の保険料

厚生年金の被保険者資格(国民年金でいうところの第2号被保険者)の資格を取得した日の属する月から資格を喪失した日の属する月の前月までの各月につき負担します。

毎月の給料の場合          標準報酬月額×保険料率

賞与の場合               標準賞与額×保険料率

となっています。
標準報酬月額
標準賞与額
についてはこちらを参考
「用語と表」
保険料率(平成21年9月以降平成22年8月まで)
157.04/1000
(毎月の給与も賞与もどちらにもこの保険料率を用います。)
事業主と折半のため、実際には7.852%の負担となります。

国民年金の場合、毎年280円が引上げられます。
これも相当にややこしく、毎年度280円上昇するのですが、その額に保険料改定率というものを乗じた額が、その年度の月々の保険料になります。ですから、単純に280円づつ上るというわけではありません。
つまり、隣の表の額に保険料改定率を掛けた額がその年度の月々の保険料となります。

保険料改定率は、前年度の保険料改定率に名目賃金変動率を乗じた率となっており、平成17年度の保険料改定率は、「1」です。

ですから、13,580円×1(平成17年度・保険料改定率)によって、平成17年度の保険料は、13,580円/月となったわけです。
平成17年度 13,580円
平成18年度 13,860円
平成19年度 14,140円→14,100円
平成20年度 14,420円
平成21年度 14,700円→14,460円
平成22年度←NOW 14,980円→15,100円
平成23年度 15,260円
平成24年度 15,540円
平成25年度 15,820円
平成26年度 16,100円
平成27年度 16,380円
平成28年度 16,660円
平成29年度 16,900円

厚生年金の場合、(平成16年10月からの改定でしたが・・・)毎年9月から0.354%づつ保険料率が引上げられます。

そして、平成29年の9月以降は18.3%で固定化されます。



ちょっと小さいですが、右の表を参考に・・・・

H16/10-H17/8 13.934%
H17./9-H18/8 14.288%
H18/9-H19/8 14.642%
H19/9-H20/8 14.996%
H20/9-H21/8 15.350%
H21/9-H22/8←NOW! 15.704%
H22/9-H23/8 16.058%
H23/9-H24/8 16.412%
H24/9-H25/8 16.766%
H25/9-H26/8 17.120%
H26/9-H27/8 17.474%
H27/9-H28/8 17.828%
H28/9-H29/8 18.182%
H29/9以降 18.300%
国民年金、厚生年金とも、平成16年改正により段階的に保険料(保険料率)が引上げられることとなりました。
厚生年金の保険料率については、平成16年10月より・・・・
年金の制度について
年金の種類
被保険者
任意被保険者
給付の種類
保険料のこと
TOP
(他の項目へはTOPから)