被保険者

国民年金の被保険者の種類

要件 具体例
第1号被保険者 20歳以上60歳未満で日本国内に住所を有する者で下の2つに該当しない者 自営業者・学生など
第2号被保険者 70歳未満の厚生年金の被保険者や各種共済組合の組合員・加入者 サラリーマン・OL・公務員など
第3号被保険者 第2号被保険者の被扶養配偶者で20歳以上60歳未満の者 サラリーマンや公務員の妻など
上の表の要件はあくまでも原則ですので例外もあります。

例えば、65歳以上で厚生年金の被保険者の人でも老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人は第2号被保険者とされませんし、 サラリーマンの妻でも一定以上の年収がある人は被扶養者と認定されなければ第3号被保険者とされません。

2階建ての年金制度とは?? 

では、具体的に国民年金の被保険者が加入している(・・・というか法律上当然に加入している) 年金制度を被保険者別にみていきましょう。これで2階建ての意味がわかると思います。

加入している年金
任意で国民年金基金
国民年金(基礎年金) 1階部分

第1号被保険者の場合

第2号被保険者の場合

加入している年金
勤めている会社に基金があれば厚生年金基金 3階部分
厚生年金・各種共済年金 2階部分
国民年金(基礎年金) 1階部分

第3号被保険者の場合

加入している年金
国民年金(基礎年金) 1階部分
20歳になってからずっと同じ種類の被保険者の人は少ないと思います。
では、この人の場合はどうなるでしょう。
 Aさん(女性)
学生⇒厚生年金基金のある会社へ就職⇒結婚退社⇒旦那が自営業を始める⇒近所の会社へ事務員として就職(基金なし)
このかたの場合は・・・
加入している年金 学生(20歳以上) 就職(1度目) 退社 自営業開始 再び就職
厚生年金基金
厚生年金
国民年金(基礎年金)
被保険者の種類 第1号 第2号 第3号 第1号 第2号
厚生年金の被保険者は厚生年金の適用事業所で働く70歳未満の者・・・これが原則です。(当然被保険者)
他に適用事業所でない事業所で働いている方や70歳以上の方でも加入できる任意被保険者の制度があります。
厚生年金の被保険者
年金の制度について
年金の種類
被保険者
任意被保険者
給付の種類
保険料のこと
TOP
(他の項目へはTOPから)