60歳代前半の老齢厚生年金の形

 何とも奇妙な題になってしまいましたが、皆さんに年金をわかりにくくしているところがまさにココだと思います。老齢厚生年金のしくみの中では一番大きな経過措置です。さらに、ココにいろんな経過措置が絡まり、改正がなされドンドン複雑化されていってます。^^

 昭和61年改正で年金が2階建てになったことは前に説明したとおりです。旧法(改正前)の老齢厚生年金は60歳からの支給、老齢基礎年金は65歳支給だったのです。(説明しましたか?)
 昭和61年基礎年金導入・65歳支給を受け、平成6年・平成12年改正により特別に支給されていた特別支給の老齢厚生年金の見直し(受給年齢の引き上げ)が行われることとなりました。
 
 しかし、急激に受給開始年齢を引き上げることはできないので、平成6年・12年のそれぞれの改正で生年月日により何十年とかけて段階的に引き上げる方法がとられました。今現在はその経過措置の真っ只中です。(というより始まったばっかりです。)

 まずは、旧法の老齢厚生年金の形(下の図の65歳前の部分)を見てください。
 「60歳から報酬比例+定額部分」これが旧法の老齢厚生年金の形でした。もちろん、旧法は基礎年金がありませんでしたので、65歳以降も同じ形で支給されていました。
この形が経過措置のため、生年月日により下の図のようになりました。男性と女性では少し違いますので注意してください。
男性:昭和16年4月1日以前生
女性:昭和21年4月1日以前生
男性:昭和16年4月2日〜昭和18年4月1日
女性:昭和21年4月2日〜昭和23年4月1日
男性:昭和18年4月2日〜昭和20年4月1日
女性:昭和23年4月2日〜昭和25年4月1日
男性:昭和20年4月2日〜昭和22年4月1日
女性:昭和25年4月2日〜昭和27年4月1日
男性:昭和22年4月2日〜昭和24年4月1日
女性:昭和27年4月2日〜昭和29年4月1日
男性:昭和24年4月2日〜昭和28年4月1日
女性:昭和29年4月2日〜昭和33年4月1日
男性:昭和28年4月2日〜昭和30年4月1日
女性:昭和33年4月2日〜昭和35年4月1日
男性:昭和30年4月2日〜昭和32年4月1日
女性:昭和35年4月2日〜昭和37年4月1日
男性:昭和32年4月2日〜昭和34年4月1日
女性:昭和37年4月2日〜昭和39年4月1日
男性:昭和34年4月2日〜昭和36年4月1日
女性:昭和39年4月2日〜昭和41年4月1日
男性:昭和36年4月2日以降生
女性:昭和41年4月2日以降生
で、経過措置終了。ともに65歳受給の形となる。
報酬比例部分と定額部分を合わせて特別支給の老齢厚生年金といいます。
後で説明しますが、よく言われる加給年金は特別支給の老齢厚生年金の支給開始と同時に(要件が合えばですが・・・・)受給できます。

 現法律上は老齢厚生年金の受給開始年齢は65歳です。特別に経過措置として受給できるので特別支給の老齢厚生年金なのです。
 
 ですから、65歳以降の老齢厚生年金とは受給要件が少し違います。
60歳代前半の年金(部分年金と特別支給の老齢厚生年金)受給要件
@60歳以上である。
A厚生年金の被保険者期間が1年以上ある。
B老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている。
(例の25年以上ってやつです。)
 
 ちなみに、65歳以降の老齢厚生年金の受給要件
@65歳に達している。
A厚生年金の被保険者期間が1ヶ月以上ある。
B老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている。
です。
@坑内員・船員の期間がある人
老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人で、いずれかの期間もしくは両方の期間を合わせて15年以上ある方。
生年月日により下記の年齢から受給できます。

60歳になるまでに老厚が受給できる人

A女性の支給開始年齢の特例
下の表の生年月日に該当する女性で、右欄の年齢に到達するまでに厚生年金の加入期間を20年(中高齢の特例に該当する場合は15年〜19年)を満たした場合。(開始年齢以後に加入期間を満たした場合はそのときから)
坑内員・船員の方の生年月日 受給開始年齢
S.21.4.2〜S.23.4.1 56歳
S.23.4.2〜S.25.4.1 57歳
S.25.4.2〜S.27.4.1 58歳
S.27.4.2〜S.29.4.1 59歳
S.29.4.2〜 60歳
女性の生年月日 受給開始年齢
    〜S.7.4.1 55歳
S.7.4.2〜S.9.4.1 56歳
S.9.4.2〜S.11.4.1 57歳
S.11.4.2〜S.13.4.1 58歳
S.13.4.2〜S.15.4.1 59歳
S.15.4.2〜 60歳
 60歳以上で被保険者資格を喪失し、厚生年金保険の障害等級3級以上の状態にある人、または被保険者期間が44年以上ある長期加入者の場合は、本人の請求により下の表の生年月日の区分によりそれぞれの支給開始年齢から報酬比例+定額部分(特別支給の老齢厚生年金)を受給することができる。
生年月日 受給開始年齢 生年月日
男性 女性
S.28.4.1以前 60歳 S.33.4.1以前
S.28.4.2〜S.30.4.1 61歳 S.33.4.2〜S.35.4.1
S.30.4.2〜S.32.4.1 62歳 S.35.4.2〜S.37.4.1
S.32.4.2〜S.34.4.1 63歳 S.37.4.2〜S.39.4.1
S.34.4.2〜S.36.4.1 64歳 S.39.4.2〜S.41.4.1

障害者・長期加入者の特例

老齢の給付について
受給資格25年
受給資格〜短縮〜
老齢基礎年金額の計算
老齢基礎年金〜繰上げ・繰下げ〜
60歳代前半の老齢厚生年金の形
60歳代前半の老齢厚生年金の額
65歳からの老齢の給付の形と額
加給年金と振替加算
在職老齢年金
雇用保険と老齢厚生年金
TOPページへ