65歳からの老齢の
給付の形と額

次は65歳からの老齢の給付です。
「老齢の給付」としたのは、65歳になると老齢基礎年金が支給されるからです。65歳から2階建ての受給が始まるわけです。

まずは、下の図をご覧ください。
65歳以降はこのような形の受給となります。
60歳前半で受給していた「報酬比例部分」はそのまま老齢厚生年金に・・・

図では大きくとってありますが・・・、60歳前半で受給していた「定額部分」はそのまま老齢基礎年金に・・・。。?
・・・となるのですが・・・・。「経過的加算」という部分があります。??

 少し話はややこしくなりますが・・・、「定額部分」には老齢基礎年金の額に反映されていない期間も含まれていたり(20歳前の厚生年金の期間等)、国民年金法ができる前の期間(昭和36年4月までの期間)も含まれた期間で計算されています。ですから、人によっては老齢基礎年金よりも定額部分の額のほうが多い方がおられます。そういう方は65歳になって年金額が減るのもどうかということもあり、老齢基礎年金の額を補う意味もこめて「経過的加算」として支給しているわけです。
名の通り経過的に加算しているわけで、いずれはなくなります。

65歳からの老齢の給付の形

65歳からの老齢の給付の額

上の図のような形になるわけですから・・・・、
老齢厚生年金の額は・・・「60歳代前半の老齢厚生年金の額」の報酬比例部分を参照
老齢基礎年金の額は・・・「老齢基礎年金の額の計算」を参照ください。
経過的加算の計算方法
上の説明を考えると・・・定額部分と老齢基礎年金の差額となりますが・・・

経過的加算額=1,676円×生年月日による乗率×被保険者期間の月数(480月限度×0.985
                      
               
昭和36年4月以降の20歳以上60歳未満の厚生年金の被保険者月数  
 792,100円×             480月(加入可能年数×12)

となります。

平成17年4月より、被保険者の月数の限度が480月に改正されました。
また、何度もでてきましたように、上算式の定額部分の計算式の1,676円には、
法定価格1,628円×改定率というのがありますし、後半部分の計算式の792,100円にも法定価格があります。
(ややこしくなるので、ここでは省略。。)

65歳以降の老齢厚生年金の受給要件は
「60歳代前半の老齢厚生年金の形」の下の方を参照。
老齢の給付について
受給資格25年
受給資格〜短縮〜
老齢基礎年金額の計算
老齢基礎年金〜繰上げ・繰下げ〜
60歳代前半の老齢厚生年金の形
60歳代前半の老齢厚生年金の額
65歳からの老齢の給付の形と額
加給年金と振替加算
在職老齢年金
雇用保険と老齢厚生年金
TOPページへ