遺族年金の受給要件
と受給権者の範囲

 年金制度の給付には被保険者が亡くなった場合に支給される遺族年金という給付があります。遺族給付には遺族基礎年金・遺族厚生年金・遺族共済年金があります。

 遺族年金も遺族基礎年金を軸にしていますが、制度により受給権者(亡くなられた方の家族)の範囲が違いますので、注意を要します。

遺族基礎年金と遺族厚生年金の受給要件

遺族基礎年金は次のいずれかに該当する人が亡くなったときに支給されます。

@被保険者が亡くなったとき
A被保険者であった人で日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の人が亡くなったとき
B老齢基礎年金の受給権者が亡くなったとき
C老齢基礎年金の受給資格期間を満たした人が亡くなったとき

但し、@・Aの場合は保険料納付要件が問われます。
遺族厚生年金は次のいずれかに該当する人が亡くなったときに支給されます。

@厚生年金保険の被保険者が亡くなったとき
A被保険者資格を喪失した後、被保険者期間中に初診日のある病気やケガが原因で初診日より5年以内に亡くなったとき
B障害厚生年金1級・2級の受給権者が亡くなったとき
C老齢厚生年金の受給権者または受給資格を満たしているものが亡くなったとき

但し、@・Aの場合は国民年金の保険料納付要件が問われます。

また、@・A・Bでの要件を短期要件Cでの要件を長期要件といいます。これは額や併給の調整の際に重要になってきます。
保険料納付要件とは・・・
死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までの被保険者期間のうち3分の2以上が保険料納付済期間・保険料免除期間(学生納付特例の期間も含む)であること。
簡単にいうと3分の1以上の滞納・未納期間があれば要件を満たしません。

 死亡日が平成18年4月1日前の特例の場合平成18年4月1日より、平成28年4月1日前と特例期間が延長されます。
上の3分の2以上の要件にあてはまらなくても、死亡日の前々月までの直近の1年間が保険料納付済期間・保険料免除期間(学生納付特例含む)であれば要件を満たしたとみなします。
障害年金の保険料納付要件と同じことです。

受給権者の範囲

遺族基礎年金の受給権者
亡くなった人に生計を維持されていた「子のある妻」または「子」とされています。
詳しくは、
@妻については被保険者(または被保険者であった者)の死亡当時、その者によって生計を維持しかつA以下にあげる「子」と生計を同じくすること。

A子については18歳に達した後最初の3月31日までにある子または20歳未満であって障害等級に該当する子で、かつ現に婚姻していない子。
 
 死亡の当時胎児であった子が出生した場合は、死亡の当時その人により生計を維持されていたとみなされます。

 生計維持の認定については
亡くなった人と生計を同じくしており、年収850万円以上を将来にわたって得られない人をいいます。
遺族厚生年金の受給権者の範囲
死亡の当時被保険者によって生計を維持されていた配偶者・子・孫・祖父母とされています。
但し、「妻」以外の方には以下のような条件が必要になります。
●夫・父母・祖父母については死亡の当時55歳以上であること
●子・孫については18歳に達した後最初の3月31日までにある、もしくは20歳未満で障害等級1級・2級に該当する程度の障害にあること
、かつ婚姻していない。

但し、遺族厚生年金を受給できる遺族には順位付けがされており、それぞれの上順位者が受給できるときは他の遺族は受給権者(受給権が発生しない)となりません。
@「妻」・「夫」・「子」
A「父母」
B「孫」
C「祖父母」

死亡の当時胎児であった子が出生した場合は死亡の当時その人により生計を維持されていたとみなされます。

生計維持の認定については
亡くなった人と生計を同じくしており、年収850万円以上を将来にわたって得られない人をいいます。

注)「夫・父母・祖父母」については、被保険者の死亡の当時55歳以上でないと受給権が発生しません。また、支給は60歳からとなります。
遺族共済年金のことは詳細には触れませんが、遺族厚生年金と以下の点で違います。
「受給要件」
●保険料納付要件の規定がありません。

「受給権者の範囲」
●「夫」・「父母」・「祖父母」に年齢要件がありません。が、60歳までは支給停止になります。
しかし、受給権と取得した年月日により56歳から59歳で受給できる場合がありました。
●「子」・「孫」について、障害等級1級2級に該当している場合は20歳未満という要件がありません。
●転給の制度があります。すなわち、受給権者が死亡した場合は第2順位者に遺族共済年金が支給されることになります。
遺族の給付について
遺族年金の受給要件と受給権者の範囲
遺族年金の形
(中高齢の寡婦加算)
遺族年金の額
遺族年金の停止・失権
併給の調整(老齢年金と遺族の年金)
TOPへ戻る