『温故知新』を絵に描いたような Sound に酔いしれるひととき

    

Sand Glass オリジナル励磁型スピーカ:755ex





  755シリーズの磁気回路構造の変遷




  U字型断面形状〈Alnico〉製Magnet

             ↓

  インドックスV〈Ferrite〉製Magnet

            ↓

 そして,
    励磁型〈Field Exciter〉構造へ




1947年誕生のWE755A〜 60年以上も経過した
2010年のこんにちにおいても、進化し継続ける魅惑の
ユニットを今夏,貴兄のリスニング・ルームへお届けいたします。
一連の変遷の終着点として、励磁構造(Field Exciter)の設計意匠で完結いたしました。
かつての永久磁石磁気回路では、決して味わうことは出来なかった励磁型SPの最大の魅力でもある
過渡応答(トランジェント)の佳さ。そして、755のユニット・ファンが 最大の魅力と口を揃えて賞賛して
やまない、ヴォーカル帯域の表現力と充実感に“シットリとした潤い”を加味し,更なる音楽的躍動感を
思う存分,お愉しみいただけます。まさに、フルレンジSPの原点に立ち戻る“温故知新”の発想で
現行励磁型SPのセオリーとなりつつある、励磁電圧可変可能な音造りにより
お好みの音質が愉しめる低電圧励磁コイルの設計仕様としました。

この21世紀においても、Vintageファンを問わず 新しい755ファンを獲得し、魅了することでしょう。






                  ネイルトーン調のグレー塗装を塗布する前の
           フレーム+磁気回路部品
(SP金属部品の前段取り工程)



                                 Line Magnetic社;珠海塗装工場にて





    フィールド・コイル捲線工程

     トランスも含め、捲モノ部品は総てLM社内部で内製化されている。
   磁気回路の断面空間にジャスト・フィットさせるため、底ボビンの
   外周寸法まで整列捲きした後,プレート内側の最大外周ボビン寸法まで
   台形形状になるよう捲ききっていた。
    日本國内の数社のフィールド・コイル自動巻線業者の工程をつぶさに
  見てきたが、壺ヨーク内部の巻空間有効スペースをフルに捲ききった設計
  意匠に挑戦した、現行励磁スピーカは今のところ存在しないのではないか?

    Line Magnetic社;佛山捲線工房にて








                  信頼性試験 & エージング前の
           励磁ヨーク+SP端子&励磁電源コネクタ台

            (SP電源+入力端子引き出し線取付け工程



                            Line Magnetic社;佛山最終組立工程にて










    励磁ヨーク+SP端子&励磁電源コネクタ台取付け工程


      フィールド・コイル捲線工程でも記述しましたが、壺ヨーク内部にビッシリ
     フィールド・コイルを捲ききっているので、励磁電力供給コネクタやSP端子を
     取付けられるデッド・スペースはありません。

     よって、この取付け台が別ピースとして必要になる訳ですが、アルミ鋳物製の
    LM社特製端子ブロックを取付け後、全数オーディオ音声による信頼性試験を
    励行いたします。もちろん、ヨーク背面の755デザインのシンボルでもある
    ダスト・平キャップを接着し、乾燥エージング後に全数検査となります。







   Line Magnetic社;佛山最終組立工程にて




























〈北海道地区〉



〈東北・北陸地区〉



〈関東地区〉

東京都心

秋葉原/ヒノオーディオ
東京都千代田区神田須田町2-23-9 大和ビル2階    TEL03-3253-5222 








埼玉県下





〈甲信越地区〉



〈関西地区〉



〈中国地区〉



〈四国地区〉



〈九州・沖縄地区〉








前へHOME次へ