有機農法の、その先の世界へ・・・
無肥料栽培
無肥料栽培とは、化学肥料・農薬はもちろんのこと、有機肥料(堆肥、米ぬか、油粕、魚粕、腐葉土等を含む)を一切使用せず、土壌と作物そのものがもつ本来の偉力を発揮させることで作物を栽培する農法のことです。これからの農業がゆく、道しるべがあります。

Sustainable agriculture and safety agricultural products

サイトポリシー・免責事項   お問い合わせ よくある質問
 【ご注意】 この栽培方法は、もちろん無農薬です。放任農法ではありません。
         ※除草も、管理も十分に行います。 不耕起ではありません。耕します。
 contents   トップページ   簡単に紹介モット詳しく研究機関による報告生産者紹介





当サイトのリニューアルサイトが公開されました
新サイトへ移動します
(このサイトは、2017年10月までで終了しますので、新サイトでご覧ください)







 簡単に紹介します


無肥料無農薬栽培って何?

 無肥料栽培とは、化学肥料・農薬はもちろんのこと、有機肥料(畜産堆肥、米ぬか、油粕、魚粕を含むl、自然堆肥)を一切使用せず、土壌と作物そのものがもつ本来の偉力を発揮させることで作物を栽培する農法のことです。基本的に、除草、耕起、十分な管理はしっかり行います。



  はじまりは・・・病虫害に悩んだ有機農法





今までの農業の、安全性と永続性への疑問


  安全な農産物って何?・・・

●化学肥料・農薬の害・・・なるべく避けたいですね。

有機農産物については?
  • 硝酸態窒素の問題・・・無農薬でも、野菜に硝酸態窒素が多いと、人に害になる(ヘモグロビン血症、発ガン性物質の生成。有機肥料でも同じことが起こる場合がある)

  • 有機肥料の原料のなかには・・・原料の質が問題に・・・化学物質過敏症では、無農薬でも病状が悪化する場合がある。市販の有機肥料には肉骨粉が多く使われている(ヨーロッパで狂牛病が発生したときの肉骨粉の多くが日本へ肥料という形で輸入されていた)。

  • 特に未熟な畜産堆肥は不安

    ・・・できれば使用しない。もし利用するときは、無害化する工夫が大切

    • 窒素過剰・・・硝酸態窒素の過剰蓄積を生みやすい
    • 薬害と耐性菌・・・飼育時の抗生物質・ホルモン剤などの残留
    • 塩分蓄積・・・糞尿中の塩分。過剰になれば、砂漠化と同じことに
    • 外来雑草種子による地域生態系の破壊・・・輸入飼料の中にある


●無肥料無農薬栽培野菜で、生れた野菜には、驚くほどのはたらきが・・・

    漢方医学で言う、上薬レベルの野菜が収穫され始めています。

     (未病から健康に、長年の病気などから回復したという声があります)

                               


●環境 汚染

  • 堆肥・肥料過多(長年施用)によって、余剰窒素の地下水汚染、河川の富栄養化。
    (化学肥料はもちろん、有機肥料も多すぎては問題になること)

  • 自然生態系への影響・・・帰化植物、外来天敵昆虫などによる

●輸入がストップした時に出来なくなる日本の有機農法

  • 特に、低い有機肥料自給率の問題

       ・・・
    肥料依存の農業は、これからも続きますか?・・・・

    • 堆肥(家畜糞尿)・・・日本の家畜が育つ飼料は70%が輸入飼料=堆肥自給率30%。
    • 堆肥(自然の草など)・・・もし、農家全てが有機農法を行ったら、絶対量が不足。
                                   ・・・・有機物の争奪戦になる・・・・
    • 有機肥料の主原料(油粕)・・・国内生産量 2.3%。有機肥料の原料のほとんどが輸入品








 
無肥料栽培への転換

 病虫害、土壌の悪化、その原因は、今まで入れてきた肥料にあることに気づきました。


1・肥毒(ひどく)という考え方

   ・・・化学肥料も有機肥料も同じく害になる


  植物は何を吸って大きくなるのか   



●不足する養分を自ら作り出す能力が秘められているそうです
●元素転換がおきているのかもしれない・・・・


 
肥料をたっぷり必要とする作物でも、十分栽培可能になってきます。
無肥料 とうもろこし

トウモロコシ
北海道、伊藤さん
無肥料 白菜

しっかり結玉、白菜
無肥料 ほうれそう

ほうれん草



3・無肥料栽培での工夫

 ・・・すぐに結果がでることはないから(露地で3〜5年、ハウスは7年以上) 

  • 障害となっている肥料(肥毒)が残っているとき
  • 作物にあった土壌になるように・・・

     肥毒がなくても、作物にあった土壌になることが大切。

    例えば、森は豊かな土壌ですが、野菜は育たない=木を育てるのが上手な土壌だから。野菜づくりの畑は、野菜作りが上手な土壌になる必要がある。自然の原野とは違う。

  • 環境作りの大切さ・・・

  • すぐに結果はでないので、じっくり取り組むのが大切・・・

  • 何よりも心が大切!・・・






 無肥料栽培の実際 (無肥料栽培の特徴)

 ●利 点
 ・ 特 徴 肥料、農薬がいらないから省力かつ経済的・田神さん


 ●欠 点



葉が小さく、根が大きい無肥料栽培の大根・・・葉が茂らないから少ない葉で効率よく十分な光を受ける。蒸れないから病気が発生しない。肝心な収穫するところは普通並。無駄な成長がない証拠。
●作物
がスマートな姿に・・・
   (収量は普通並へ)



自然な味(野菜本来の味)

 






・・・誤解のないように 〜よくある質問〜 ・・・

     ← くわしくは、こちらのページでご覧ください。

以下、質問の一例です。



@誰にでもできる方法ですか?・・・・何よりも経験の積み重ねが必要。

始めはだれでも多くの失敗があります。実施農家の方は、長年の試行錯誤の上に実施されております。すぐに期待どおりの良い結果がでるとは思えません。

Aどこでもできる方法ですか?・・・どこでもできません。

Cほとんど手入れを必要としませんか?・・手入れは一般栽培以上に必要です。

D資材や機械を必要としませんか?・・・機械、資材が必要不可欠です。

E耕し方、雑草(除草)について、
もっと詳しくは⇒⇒スリーエフ農法 公式サイト








・・・内容を総括した、すぐに読める参考文・・

1.今、話題の無肥料栽培とは?
「現代農業」(農文協)2005年9月発行・
土壌肥料特集より

2.肥料の貢献と、その未来  
「化学と工業」誌、日本化学会 発行、Vol.58-6 june 2005
CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY 
「特集・・・食糧と化学を考える」掲載記事・666-667


3.「これからの農業は・・・・」

 人の心と身体をつくる農業へ
 


このページのトップへ戻る



トップページ簡単に紹介モット詳しく研究機関による報告生産者紹介厳選リンクメール
 Copyright©terra All rights reserved.
(本サイト内の文を無断で引用、転用することを禁じます)