プラモデルの展示、作り方解説、アイテム情報とか
 HOMEModel Gallery痛車 涼宮ハルヒFD3S RX-7>This page

アオシマ 1/24 痛車シリーズ No.01
FD3S RX-7 「涼宮ハルヒの憂鬱」制作記



第4回 内装の制作-2
今回は塗装編です。
FD3Sの内装は黒一色なのですが、その通りに塗るとのっぺりした味気ない物になってしまうので、模型映えするように色調や光沢を使い分けて素材の違いを表現しました。

ダッシュボード



まずは全体の塗装から。
クラッシュパッドの軟質樹脂ぽいイメージで、ジャーマングレーをやや明るめに調色してさらに青みを加え、気持ち光沢も入れました。




クラッシュパッド部分をマスキングしてインパネ部分を塗装。ここの素材はプラスチックでして、青みを抜いた同色を使いました。

フロントウィンドウ用デフロスター噴出口はジャーマングレーで塗装。




センタースピーカーのカバーをタバコの銀紙で作りました。
銀紙の後ろには切り出す前に両面テープを貼ってありまして、塗装後はシールのようにペタリと貼り付けておしまい。




メーターのデカールは5型のブラックメーターと6型のホワイトメーターを選択できます。今回は6型仕様にしているのでホワイトを使用。

デカールはメーターが一枚にまとめて印刷されているので、それぞれを切り離してニス部分を取り除き、バラバラに貼り付けました。このほうが俄然見た目良いです。

デカール乾燥後、水性アクリル塗料のクリアーを流し込んで透明カバーを再現しました。




伸ばしランナーの先を軽くあぶってシガーライターを再現しました。

こういう射出成形では抜けない形のパーツを加えると見映えします。カーモデルの内装なんかどうせ見えないといってしまえばそれまでなのですが・・・




カーオーディオやスイッチ類を塗り分け、各部にスミ入れしました。

ペダルは実車でもブレーキとクラッチはアーム部までアルミ製です。(アクセルはペダル部分のみディラーオプションでアルミ製)




フロアパネル&リアシート

リヤエリアも塗り分け完了。色やツヤを微妙に替えて素材感の差を表現しています。

作り直したスピーカーカバーを貼りました。




フロントシート




ツヤを強く消して少し明るめに調色したジャーマングレーで塗装し、前回サーフェイサーを砂吹き処理したシート中央のファブリック地には暗めに調色したRLMダークグレーを砂吹きしました。

縫い目にシャドウを吹いてメリハリを入れ、さらにスミ入れを行います。塗装による生地の違いを再現したのがなんとなくわかるでしょうか。

助手席の右側面には可倒用レバーがあるのでこれを再現しました。




ヘッドレスト側面にはシートベルトを通すストラップがあるのですが、これがキットでは省略されているのでプラ板で自作しました。実物の基部金具はブラックですが、模型映えを考えてちょっとゴージャスにガンメタルで塗装。

ストラップはモデラーズのシートベルトセットのシートベルトを細く切ったものです。




バックルも自作しました。ベルト金具先端を差し込むスリットもちゃんと再現していますよ。




バックルを取り付けてフロントシート完成!





その他のパーツ
ステアリングは樹脂製のエアバッグ部と本革巻の円周部とで色を微妙に変えてみましたが、ホントに微妙すぎてデジカメではあんまりわからなくなってしまいました。

エアバッグ中央にはマツダのエンブレム、センタースポークにはナルディ社のエンブレムがあるのですが、そのデカールがキットには付いていませんので、MDプリンターのメタリックシルバーでデカールを自作しました。

デカール貼り付け後に水性アクリル塗料のクリアーで3層くらいコートして厚みを出しています。



フロアマットはグレー地のチェック柄のものを自作しました。

作り方の詳細については、Model Tech Tipsのフロアマットの再現参照の事。





インテリア完成(痛くなる前)
こうして完成した各パーツを仮組み。各部の質感再現はわりと上手くいったと思います。
RX-7は格別好きなクルマなので思い入れが強くて一心不乱に内装を作りこんでしまいました。


web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加

Back Return Next
 ▲ このページの上へ
 HOMEModel Gallery痛車 涼宮ハルヒFD3S RX-7>This page

メール 画像・文章の転載・二次使用について 掲載広告と免責事項
Copyright(C) Omami All right reserved