プラモデルの展示、作り方解説、アイテム情報とか
 HOMEModel Gallery至高のゼロ(ファインモールド 1/72 零戦21型)>This page
ファインモールド 1/72 月刊モデルグラフィックス2007年11・12月号付録
至高のゼロ(1/72零戦21型) 制作記


 第2回 コクピットの制作 1
前回からずいぶんと時間が経ってしまいました。なかなか更新しなくてごめんなさい。
コクピットは一応完成してるのですが、あれこれいじりすぎて制作記が1回分に収まらなくなってしまったので2回に分けることにします。




フロアパネル


座席右側の床にある応急手動油圧ポンプとその配管が省略されているので、真鍮パイプと真鍮線を組み合わせて再現しました。
同様の方法で、左側に省略されている補器と電気系ケーブルを追加。



燃料タンク冷却扉開閉ハンドルを伸ばしランナーで再現しました。



座席左手前の手動燃料ポンプのレバーも追加。



ラダーペダルのパーツは誤ってツールウォッシュに漬けてしまい、どろどろに溶けて帰らぬ人に。(あーあ・・・)
部品請求は600円もするのでもったいないから自作。つま先を入れる枠も追加しておきました。いやー溶かしたのがまだ自作できる部品で良かったよ。





シート&後部隔壁

パイロットシートは肉抜き穴モールドを開口し、シートベルトをファインモールドのAA-3 1/72 日本海軍機用シートベルトセット1(模型の蔵)で再現。 1/72零戦用シートベルトは他にもエデュアルドから塗装済みタイプが出ていますが、なんだか作業中に色を剥がしてしまいそうなのと、どうせなら同じメーカーで統一したい気がしたので私は無難にファインモールド製を選びました。



後部隔壁の肉抜き穴も開口し、シートを取り付けます。

シート右側の座高調整レバーのパーツはあまりにもゴツいので、プラシートと真鍮線で自作しました。



各部分を塗装。
機内色は、クレオスの『#126コクピット色』ではこのスケールには暗すぎる感じがしたので、ひとまわり明るい色に調色しました。

さらにサスアームを吊っているソフトワイヤーを釣り糸で再現。





計器板


省略されている計器板下部の燃料注射ポンプとオイル冷却器シャッターのユニット、右端の滑油冷却器通気調整扉操作レバーをそれぞれ再現しました。


機内色で塗装し、デカールを貼ります。

なんだかメーターのモールドがデカールに比べて小さいなあと思っていたのですが、よく見るとなんとそれらはメーターのフレーム内の直径と合うように設計されていたのです。つまりデカール軟化剤を使って正確にフィットさせれば、実物と同じくメーターの内側のみが凹モールド内に、フレームが外側に張り付くようになっている・・・恐るべしファインモールド!
でもその精度で貼り付けられる人が一体どれだけいるやら・・・



デカールの保護と質感調整のため半つや消しのクリアーで表面をコートします。メーターを貼り付けた他のパーツも一緒にコート。

乾燥後、メーターのくぼみ部分に水性アクリル塗料の光沢クリアーを流し込んで透明カバーを表現。





九八式射爆照準器

照準器はクリアーパーツで成型されていて、反射ガラス(斜めに装着されてるガラス)とレンズ(上を向いてる大きな丸い部分)を透明で再現できるようになっています。



でもやはり射出成型の限界なのか、遮光フィルター(垂直に装着されてるガラス)が省略されていますので、塩ビ板でこれを再現してやりました。

これで予備照門も再現できれば完璧だったけど、それはさすがに無理だ。



取り付けてみるとこんな感じ。
簡単な工作ですが、やっぱ反射ガラスと遮光フィルターが並んでるとグッと雰囲気が出ます。





酸素ビン

コクピットを胴体に仮組みしてみると、後部隔壁のトンネルから後ろが結構見えることが判明。

そこで間を持たすために酸素ビンを伸ばしランナーと真鍮線、真鍮パイプで自作しました。



塗装して後部隔壁裏に取り付けます。
まんまタミヤ1/32のコピーですね。

外側から見えやすいように気持ち内寄りに取り付けました。



ま、こんな風にチラ見えするわけです。

パンチラならぬビンチラですな。(さぶっ)





というわけでコクピットの座面、計器板部分ができました。
このキット1/72なのにホント良く出来てるよなあ。この部分の大きさって人差し指の第一関節くらいしかないんですよ。

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加

Back Return Next
 ▲ このページの上へ
 HOMEModel Gallery至高のゼロ(ファインモールド 1/72 零戦21型)>This page

メール 画像・文章の転載・二次使用について 掲載広告と免責事項
Copyright(C) Omami All right reserved