Nudibranchia  裸鰓目
Doridacea    ドーリス亜目
Chromodorididae イロウミウシ科

和名;センテンイロウミウシ
英名;SPOTTED HYPSELODORIS
学名;Hypselodoris maculosa

体長;22mm
観察地;スラッグリーフ 他
深度;-10m
観察日;2003年8月2日


 今月のうみうしは、小さいくて見落としがちだが、その気になって探すと、わりと簡単に見つかる『センテンイロウミウシ』
 名まえの千点は大げさだが、背中にホシのように点々を散りばめた姿はなかなか美しいが、点の数やラインの入り具合・色合いなど、個体差が大きい。じっとしてるときには丸みの有る体型をしているが移動を始めると、びよ〜んと長く伸びてスリムな体型になる。
 これを見つけた、スラッグリーフはその名の通り(ウミウシの別名=シースラッグ)ウミウシが豊富で今後も目を離せない楽しみなポイントだ。

(参照)
「ウミウシガイドブック」小野篤司著 p-98
「1001 NUDIBRANCHS」 Neville Coleman著 p-81
「Coral Reef Animals of the Indo-Pacific」Terrence M.Gosliner/David W.Behrens/Gary C.Willams 著 
「ウミウシ学」平野義明著