Nudubranchia  ドーリス目
Doridacea ドーリス亜目   
phyllidiidae  イボウミウシ科
和名;タマゴイロイボウミウシ
英名;不明
学名;Fryeria menindie
体長;40mm
観察地;サウスビーチ
深度;-4.5m
観察日;2002年11月30日

 青いイボウミウシは一見同じように見えるが、よく見ると何種類かいることが解かる。解かるけど、どの種かを見分けることはなかなか困難である。今月紹介する「タマゴイロイボウミウシ」は、小野篤司さんの「ウミウシガイドブック」によると、やや普通に見られると言うことだが、このあたりでは結構稀で、いた!と思ってもよく似た「ソライロイボウミウシ」だったりする。もう一種「タテヒダイボウミウシ」というのもよく似ていて、写真判定でもしないと、印象だけでは混同してしまう。こいつの見分け方は縁の黒い模様が半円を描き全体には黒い網をかけたように見えるところで識別している。個体数は少ないけど、意外な時に発見することもあり、今回はフリーダイビングの撮影中に見つけた。



 
(参照)
「ウミウシガイドブック」小野篤司著 p-130,122,123
「1001 NUDIBRANCHS」 Neville Coleman著 p-89,91
「ウミウシ学」平野義明著