TOP 小粋な奴等 血統書 2匹目の仔犬 3匹目の仔犬 3匹とふたり おでかけしたよ
ひろぽそ工房 日記 掲示板 リンク メール かめ道楽へ

 おでかけできないよ 

なんなの〜、このタイトルぅ〜?!と思われた方も多いと思います。
私も思いました。
2004.12.22から(もう闘いは始まっているのです。)少なくとも1年間、我が家のお出掛けが封印されます。(T_T)

なんなのよ、もったいぶって!!と思われる向きも多いでしょうから、あまりもったいぶるのはやめて種明かししますと、男ひろぽそ39歳、この年にして初めて(普通は経験することすらない)の免取です。

免取、それは国家の定めた非情なシステムです。
このシステムのために、どれだけ多くの運転者が泣き、怒ったことでしょう。
職場を追われ、家庭崩壊にまで至った者もいることでしょう。
しかし、一度この烙印を押されてしまった者はもうどうすることも出来ないのです。
ひろぽそとてそれは同じです。
そして、我が家のお出掛け事情は一変しました。
せっかく、新コーナー『おでかけしたよ』も軌道に乗り始めた今、こんな手痛い仕打ちはありません。
どうか皆さん、少なくとも1年後、『おでかけしたよ』のコーナーにの文字が躍っているのを見つけたら、心の中で「ひろぽそよ、がんばったんだな。そして、Setsuもひろぽそ代行として一年間よくがんがった!!」と一緒に喜んで下さい。(強制)

◆なんと!
免許取消だけに飽き足らず、ひろぽそを追い詰めるようなお上の仕打ちがこの後待ち受けていようとは、想像だにしませんでした。
そう、今度は検察庁から罰金の通知が。
これでもか、これでもかと痛めつけるようなお上のやり口に憤りを感じてみても、その持って行き場がない感覚、わかって頂けますでしょうか。
しかも訳のわからない納付告知書。口座番号も書いてないので、振込に変更(手数料は自己負担でもいいのに)する事すら出来ません。
銀行や郵便局、信用金庫の窓口に出向かなくてはならないのです。
嫌がらせとしか思えません。
そして、この罰金はどこへ行くのでしょうか?一番気に掛かるところです。
少しはおでかけできるよ

臨時ニュースをお伝えします。
ひろぽそ氏、仮免許を取得致しました。

ちなみに彼の名誉のためにもう少し詳しくお話しますと、学科も技能も1回で合格です。
これで、『仮免許練習中』の札をナンバープレート横に取り付けて、私が助手席に乗っていれば、遠出も出来るようになりました。
本当によかったです。
願掛けのために伸ばしていた、まだらヒゲともおさらばです。

今月はもうお休みできないので、来月以降に本免許(学科・技能)を取得しに行く予定だそうです。
なんでもいいから死に物狂いでがんばってほしいものですね。
以上、臨時ニュースでした。

 これでおでかけできるよ 

仮免許から早3ヶ月。
ようやく本免許を取得致しました!!
思い起こせば、1年半前・・・・突如として訪れた我が家最大の不幸ではありました。
地裁からの封筒を開封した時の驚愕、冷静になればなるほど、真っ暗闇の中、崖から突き落とされたような気持ちがしたのを、
昨日の事のように覚えています。
車の運転が死ぬほど苦手な私にとって、拷問のような1年半でした。
それが!やっと!!解放されるのです!!
これを喜ばずして何を喜びましょうか。
本免許を取得してからの2〜3日、私は毎日小躍りせずにはいられません。

ここで、ワンポイントメモを作成しましたのでご覧下さい。
もしもの時の参考にして頂ければと思います。
次は・・・あなたの番かもしれませんよ?(笑)

      
場所 名称 種別 最低回数 ひろぽそがかかった回数
試験場 聴聞(取消決定) 1日 左同
地検 簡易裁判(?) 1日 左同
試験場 取消者講習 2日間(連続) 左同
試験場 仮免許 学科
技能
試験場 本免許 学科
技能 (唯一の汚点・・・)
教習所 高速講習 4時間 左同
応急(土日可) 3時間 左同
試験場 交付 約2時間ほど 左同

    教習所での応急救護処置の講習を土日に行くにしても、最低でも10日間仕事を休まなければ
    なりません。それがキツかった!とひろぽそ氏は語っております。

  ※ 教習所での講習受講には証紙が必要です。この証紙は試験場や合同庁舎等でなければ
     売っておらず、それを知らなかったひろぽそは証紙を買うためにもう一日余分に有休を取ら
     ねばなりませんでした。(実際はそんなに休めないという事で、私が代わりに買いに行きました。)
     本免許合格した時点で教えてくれれば、買っておいたのに・・・お役所は融通がきかない事が
     多いですね。
    
と、そんな訳で、『仮免許練習中』のプレートも破り捨て、免許交付のその日から運転の練習と称し、パチンコ屋に乗りつけていました。
よほど嬉しかったのでしょうか・・・
今後は、もらい事故には十二分に気をつけてほしいと、切に願う私なのでした。