麻衣子ちゃんの洗礼

 医大病院に入院をしている麻衣子ちゃんが洗礼を受けました。11月3日雪のちらつく寒い日でした。だけど、私が前回行った時よりは麻衣子ちゃんの顔色もよかった。痛みがないぶん楽そうだった。黄色の地にピンクの花模様のパジャマはとっても可愛いく、麻衣子ちゃんに似合っていました。先生方が麻衣子ちゃんのお母さんと洗礼のことを話している少しの間、私は麻衣子ちゃんとお話ができ嬉しかったです。そして、洗礼をしました。静かな一時、感無量でした。イエス様はいつも麻衣子ちゃんの心の中にいてくださっていることがお母さんの説明でよく分かりました。私はどうしても麻衣子ちゃんと賛美歌を歌いたかったので,強引かなと思いましたが麻衣子ちゃんに聴きました。「麻衣子ちゃんの好きな賛美歌はなあに」と、そしたら、麻衣子ちゃんが答えてくれたのです。「わすれないで」と、しかし、照子先生も咄嗟だったもんで歌詞が出てこなかったため歌えなかったが、今度行ったら歌う約束をしてきました。私は嬉しかった。麻衣子ちゃんが答えてくれたことが・・・・。必ず、「忘れないで」を一緒に歌おうね!麻衣子ちゃん!
 それから麻衣子ちゃんと別れて下の待合室に行って麻衣子ちゃんのお母さんからコ−ヒ−をご馳走になり、少しお話をしました。私はこのお母さんあっての麻衣子ちゃんだったんだと改めて思いました。麻衣子ちゃんを本当に深く愛しておられることがわかりました。「麻衣子はよく頑張った」と言っていました。「もっともっと色々な勉強をしたかった」と麻衣子ちゃんの気持ちを証してくれました。私は半ば強引に連れていってもらい悪かったかなあと思いましたが私にとっては麻衣子ちゃんとお話ができて最高の嬉しさでした。感謝で一杯でした。
(R−0)