新しく生まれなければならない私

牧師 小島正義

「まことに、まことに、あなたに告げます。
人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」
(ヨハネ書3の3)

 
 ニコデモがイエスさまを訪問した時の出来事です。ニコデモはイエス様と様々なお話をしました。このニコデモは賢くて、立派な人物で、人生経験者でありました。しかしこのような人であるニコデモにも不可解なことがありました。それはイエス様に言われたことで、上の聖句です。それに対して彼の疑問が生じました。
 
 では次に、イエス様との対話のポイントについて考えていくことにしましょう。その第一は、「人が新しく生まれるための条件」です。パウロの表現によれば、「その人は新しく作られた者です」(第一コリントと5の7)です。この「新しく作られる」ということは、最初の人間創造の状態に回復される、つまり神のカタチ(像)に回復(復源)されることです。神のカタチというのは神の道徳像に回復されるということです。神の道徳像とは神が聖(清)いように、私たちも聖(清)くなければならないということです。神が愛情深いように私たちも愛情深くならなければなりません。又、神が義(正しい)であるように私たちも義でなければなりません。神が哀れみ深いように、私たちも哀れみ深くなければなりません。そして神が真実(誠実)であるように、私たちも真実でなければなりません。しかし、私たち人間は、罪(人間悪)のためにこの神の道徳像が失われている。そして動物のように低い道徳状態にあります。その結果、様々な悩みや苦しみに会い困惑しているのです。そこでパウロは「キリストのうちにあるあるなら」と言い、「キリストによって信仰を持ったら、キリストに頼るなら 、その困難な問題から自由になる」と教えています。どうぞ、このキリストに頼って下さい。

 第二に、「人が新しく生まれたならその結果はどうなるか」ということです。私たち人生は、この世だけの人生、即ち誕生から墓場までの人生だけなら悲劇です。私たちには、神の国が最終ゴ−ルなのです。ですから、私たちが神によって新しく生まれるならその結果として神の国を見ることが可能になるのです。神の国を見るというのは神の国に入る権利を獲得することができたということです。神によって新しく作られた者になって下さい。