不安な夜
 

*********************************************************************

農民の代表となって直訴に及んだ長松の父。村人は「恐ろしいことにならねばよいが…」と心配します。なぜなら,殿様の命に逆らった者には,厳しい罰が待っていたのだから…。

この曲は,いつ長松の家へ役人が来るか不安な気持ちで過ごす心情を表現しています。劇中では,役人が長松一家を捕らえにやってくる直前のシーンで使われました。

※ べっかんこ鬼 「お父(とう)のテーマ」を手直しした曲です(^-^ )

*********************************************************************

 

【あらすじ】


  ひどい霜焼けで痛がる妹に,ベロを出した顔で笑わせてなぐさめる優しい兄,
  長松(チョンマ)。
  しかし,殿様の年貢の取り立てに怒る農民の代表となって直訴に及んだ父とともに,
  一家全員は張り付けの刑に処されることになってしまいます。
  となりの張り付け台で泣きわめく妹に,
  長松はいつもの顔を見せながら息を引き取るのでした。

 

Copyright2002,ss-jun.all right reserved
ホームへ