農民の怒りの歌
 

学芸会で,斎藤隆介作「ベロ出しチョンマ」を劇化したときに作った曲です。殿様の年貢の取立てに怒る農民が歌う曲です。

 

【物語】

 

ひどい霜焼けで痛がる妹に,ベロを出した顔で笑わせてなぐさめる優しい兄,長松(チョンマ)。しかし,殿様の年貢の取り立てに怒る農民の代表となって直訴に及んだ父とともに,一家全員は張り付けの刑に処されることになってしまいます。となりの張り付け台で泣きわめく妹に,長松はいつもの顔を見せながら息を引き取るのでした。

 

【歌詞】

 

なんじゃ なんじゃ おらたちは

食いもん 着るもん なんもねえ

ウォー ウォー 「年貢は必ず持って来い!」

ウォー ウォー 「赤ん坊食うぶん 無くてもだ!」

(おらたち,どうなっちまうんだろう)

どうすりゃいいのか わかんねえ

 

なんじゃ なんじゃ おらたちに

どんなにしたら 気がすむだ

ウォー ウォー 「国から逃げたらどうなるか!」

ウォー ウォー 「首をはねるぞ はりつけだ!」

(おらたちに 死ね と言うとるんじゃ)

どうすりゃ いいのか わかんねえ

 

 

 

Copyright2002,ss-jun.all right reserved
ホームへ