告 白
 

かけがえのない人に想いを告白する…

そんな場面を想像しながら作ったバラードです。

 

想いを告げるというのは簡単なことではありません。

話そうかどうしようか,何度も思い悩むもの。

ドキドキして胸がはちきれそうになる。

「今日はやめとこう」と逃げそうになる。

 

でも何度目かのトライの末,話さずにはいられなくなる。

 

 

 告白の決心がつくと,急に視野が狭まった気がして

一瞬にして世界は二人だけになり

木々のざわめきも街の雑踏の音も聞こえなくなる。

 

さっきまでの心の苦しさはうそのように消え,

感情が自然に言葉になっていく。

 

身近な草花は急に輝きを増し,

木漏れ日がキラキラと二人を照らす。

 

曲を作っていて,浮かんできたのはこの輝きでした。

 

ファンタジーゲームのBGMとして依頼をいただいた曲です。

ゲームでは,

男性キャラがヒロインに想いを告げる

ロマンティックな場面に使用される予定です。

 

 

 

 

Copyright2000,ss-jun.all right reserved

Photo by Balmy Sky

ホームへ