知らせに行こう秋の喜びを

小学校の創作劇の中で,森の精が秋の訪れを喜ぶ歌。
小さな子どもらしい喜びを表現しました。
ゆったりとしたメロディで,優しい気持ちになれます。サビに入るところのストリングスと,サビに加えたサブメロディ(ユニゾンですが…v)のブラスの音色が気に入っています。


「森を染めるのはだあれ?」(オリジナル創作劇)
 
  【ストーリー】
  秋になったのに森は夏の色のまま。
いつまでたっても秋の美しい色になりません。
それもそのはず。
赤の精たちと黄色の精たちが,互いの色が美しいと張り合っていたのです。
でも,森の精たちの悲しみを知り,協力し合って森を美しく変えていきます。

  平成9年度学芸会 2年生が上演
 
  鳥も 野に咲く花も
大きな木も 虫も

優しく包む この森に 
秋がやって来た

  木の実が たくさんなって
  色 鮮やかに

  赤や黄色の輝きで
  森の色を染めるでしょう

さあ 知らせに行こう
秋の喜びを 今
 「広い ぼくらの森に 秋が来た」
 「秋が来たよ!」



Copyright2000,ss-jun.all right reserved