焼酎蔵に煙突は付き物である。

焼酎蔵の煙突を思うとき、思い出さずにはいられない煙突がある。渡邊酒造場の煙突。

青い空にスーッと伸びたレンガ造りの煙突。そびえ立つようなその存在感。まるでこの蔵の焼酎「万年」のように筋の通った味わいを醸し出している。

この印象をバックアップしているのがご覧の通りの青空だ。やはり背景一つで雰囲気はガラリと変わる。

渡邊さんのところにお邪魔したときは、いずれも雲ひとつない晴天なのである。その青い空に、この背の高い煙突が実に良く映える。

青く澄んだ宮崎県田野町の青空。この煙突は、遠く離れた私の元に、田野の空気を運んでくれるようだ。


戻る