断食道場でファスティングB


断食療養施設「静養院」5日目

平成23年8月16日(火)
未明から、激しい腹痛がありトイレに行ったところ、激しい下痢に見舞われまし
た。
何も食べていないのに、黒い便沢山出ます。ネットで調べると、どうやらこれが
宿便のようです。
宿便の定義は諸説ありますが、胃腸の壁の奥に溜まった古いカスや、これまで
に胃腸の機能が追いつかずに溜まっていたもので、これを除くことで、体内毒
素を排出するデドックス効果が期待出来るそうです。

さて、7時過ぎに、朝食が運ばれて来ました。
5日間の本断食が完了、あと3日間、三食の食事があたります。

本断食明けは、停止していた胃腸がびっくりしないように、コップ一杯の重湯と
梅干し。
重湯を少し口に含みます。甘い味が口の中に拡がり、喉を通る時にスッと消え
ていきます。
この瞬間の為に、断食しているような気もします。クライマックスですね。
何も食べていないどころか、お茶すら飲んでいなかったので、普段ならあまり美
味しくない重湯も、とても貴重な食べ物に感じます。
続いて、梅干しを少しだけ千切って、口に含みます。頬が痛い! 位に美味しく感
じます。
ほんの少しの食事ですが、長い時間をかけて、ゆっくりとゆっくりと、おいしく頂
きました。

少しの食べ物が身体に入っただけで、この余裕は何でしょうか。
テレビで高校野球を見てすごします。
作新学院対八幡商業高校。
なんと、九回裏の攻撃を残すところで、「シャワーどうぞ。」の声。
折角なので、ゆっくりと身体を洗いました。

その後、11時の昼食、16時の夕食と朝と同じ重湯と梅干しが続きました。


断食療養施設「静養院」6日目

平成23年8月17日(水)

さあ、今日から形のある食べ物が食べられます。
正直、空腹と退屈のあまり、飴玉でも買ってきて舐めてやろうかと考えることも
ありますが、それをやってしまうと、後で大きな後悔をすることになるので、水を
飲み飲み辛抱しています。

体重は、昨日から0.6Kg減。
毎日、概ね1Kgずつ減少していたのてすが、昨日の三杯の重湯だけで、減り
方が少なくなりました。

運ばれて来た朝食は三分粥とふの味噌汁、のりの佃煮の三品。
熱い味噌汁が、喉に浸みわたります。
海苔の佃煮の辛さで頬に心地よい痛みを感じさせます。

昼食後、また睡眠をとります。
実は昨晩、お腹がすいて、深夜2時頃までネットでグルメサイトを眺めていたた
め、睡眠不足になっているんです。

睡眠をとっていると、また11時に昼食が運ばれて来ます。
この状況って、リゾート? 病院? 拘置所?
昼食は、五分粥、豆の甘煮、青菜と練り物の炊物の三点。朝と違い、糖分、動
物性蛋白が入ってきました。このあたりが、回復食のテクニックなんでしょうね。



断食療養施設「静養院」7日目

平成23年8月18日(木)

最終日の朝を迎えました。
3回目の断食道場での生活に感謝し、生駒聖天宝山寺にお礼のお参りをしま
す。

断食をすることで、何が変わるのか。体重は当然ながら減ります。
しかし、それだけではありません。断食の間、日常生活上のストレスが全く無く
なるのです。
食欲だけに神経が向くことで、他に何も考える余力が無くなるためでしょうか。

明日から、また盆明けの仕事が始まります。
いつもなら、前日の夜は嫌〜な気持ちになっていましたが、ここ3年間、断食を
続けることで、新たな生活が始まるような、新鮮な気持ちで夜を過ごすことが出
来ています。

さぁ、明日からまた、頑張ります!

トップへ
トップへ
戻る
戻る