断食道場でファスティング@


断食療養施設「静養院」1日目

平成23年8月12日(金)

今年も来ました、断食道場。一昨年、昨年に続き、3年連続3回目の入門で
す。 ある程度、勝手が判っていますので、昨日の朝から何も食べない本断食を
始め、今日で2日目の本断食です。
午後3時に、奈良県生駒市門前町にある、断食療養施設「静養院」に到着。先
生とも、もうお馴染みになっていて、簡単な問診でプログラムを一緒に作成しま
す。私の住む関西には、いくつかの断食道場がありますが、老舗で、宗教色が
無く、先生の断食に対する考え方が理解出来ること、食事や風呂以外の最低
限のプログラム以外はフリーであることから、自分の時間をふんだんに満喫出
来ることから、ずっとこちらでお世話になっています。断食の目的と効能は、勿
論ダイットによる体重減にもありますが、この自由な時間の中でのストレスと疲
労回復にあると感じています。
今回の私のプログラムは、昨日を合わせ、あと4日間、合計5日間の本断食を
行い、その後3日間でおも湯から5分粥まで戻すことになりました。
さて、7日間をすごす部屋にいきます。いつものCランク四畳半の和室です。窓
からは、奈良の街が一望出来ます。季節外れの感じがしますが、ウグイスが鳴
いています。「帰って来た。」という不思議な感じは何でしょうか。(笑)

早速持参したパソコンで、DVD鑑賞を始めます。
「日本海大海戦」、「血と砂」、「海猿 ラストメッセージ」。三本連続で、ゆっくりと
楽しみ、夜が更けていきました。



断食療養施設「静養院」2日目

平成23年8月13日(土)

断食2日目の朝を迎えました。
体重は、昨晩より1kg減。いい感じです。

近所にある、生駒聖天宝山寺にお参りに行きます。
2年前の初断食以来、断食道場に入門中は、毎日お参りしています。
2年前から、自分が成人男子として成長しているのか、自分に問いかけます
が、答えは出てきません。が、断食を機会に、多少なりとも辛抱強くなったように
も感じています。あれだけ、心が動いた屋台の団子にも、あまり気持ちが行き
ません。

午後からは昼寝をします。
道場は、生駒山の中腹なので、気候が涼しく、冷房が無くても問題なく過ごせま
す。
セミの声に交じって、季節外れのウグイスが鳴いています。

気がついたら、夕方6時。そのまま朝まで寝続けます。
栄養が身体に回らないので、いくらでも寝られます。
腰が痛い・・・・。

トップへ
トップへ
戻る
戻る