断食道場奮闘記 待ってましたの回復食


断食道場奮闘記 4日目 回復食1日目
平成22年8月15日(日)

いよいよ、回復食が出てきます。

嬉しさに、5時には起きて、庭をウロウロします。
体重を量ると、入門時から3キロ減。ここまでの目標が3.5キロなので、少しだ
け足りませんが、まずまずといったところです。

正直、まだ1日位は本断食していたい気分ですが、ここは、先生の立てて下さ
ったプログラムに大人しく従います。


さて、7時過ぎの朝食です。
当然、脂の乗ったベーコンや、甘いスクランブルエッグ、フワフワのクロワッサン
なんて出てきません。

出てきたのは、コップ1杯の重湯(お粥の上澄み汁)と梅干し1個。
ザラザラになった口に、重湯をゆっくりと少しだけ含みます。
フワッと甘さが口の中に広がり、頬が落ちそうに痛みます。
ゆっくりと愛しむように喉に落とすと、干からびた土に水がしみ込むように、食道
を通り、胃の中に落ち、スッと胃の中できえていきます。

続いて、梅干しを少しだけ千切り、口に入れます。
「おーっ!」、思わずため息が出てきます。

重湯も、梅干しも、平常時ならこんなに美味しく、有難くいただくことはありえま
せん。
1日、汗まみれで働いた後の1口目のビールが、この世の最上の美味さといい
ますが、そんなもの比べ物にならない美味しさです。

少ない量ですが、お腹にドーンと力が出てきました。

借りてきた、DVDを見ます。
「野生の証明」。公開時、私は中学2年生でした。
この頃って、角川映画の最盛期ですね。
莫大な予算で、CM打つので、映画を見ていないのに、何か内容を知っていると
いう、不思議な映画です。あっ、ラジオの深夜放送、オールナイトニッポンで、ラ
ジオドラマをやっていたので、知ってるんですかね。それとも、結末まで解説す
る、浜村淳のラジオの影響でしょうか。
高倉健若い! 薬師丸ひろ子の「お父さん怖いよ。誰かがお父さんを殺しにくる
よ。」と、「ネバーギブアップ!」のセリフが、妙に頭に残る映画です。
加えて、中野良子がいい。この頃の女優って、凛としていて、いいですね。

さて、昼御飯です。朝と同じ、重湯です。
こんな食事ですが、3日間何も食べなかった私には、すごいご馳走です。


そうそう、昨年のこの重湯の写真。アングラ雑誌に無断転載されていました。
「ググッてはいけない世界」か、「入ったらどーなる」という雑誌だったと思いま
す。

午後からは、東生駒まで出かけました。徒歩、ケーブルカー、近鉄電車と、結構
大がかりです。目的は、電器量販店でマッサージ機に乗ること。私は、フィミリ
社のマッサージ機に惚れ込んでおります。

舌の痛さが強いので、トイレで、あんぐり口を開けて、舌を見たところ、白いコケ
が生えています。それも、見たことの無いような分厚いコケ。東洋医学で「舌苔
(ゼッタイ)」、西洋医学で、「糸状乳頭」と呼ばれる、舌の表面に存在している先
の尖った突起のことだそうです。ネットで調べると、断食で毒素が出ていると
か、身体に水が溜まっているとか書かれています。断食反応の一つですね。

さて、16時の夕食です。
昨年は、ここで二分粥が出てきました。
おかず何かなぁ。チョコレートパフェを待つ、女子中学生のようなオヤジと化した
私は、かなり危ない状態です。

! ! !


なんと、また重湯 ! 。
思っても見ない展開です。
ガッカリした反面、1日半断食を続けたと考えれば・・・・。
飢餓に耐えた私としては、重湯であっても、有難い食事です。

明日は、二分粥食べられるかなぁ。


断食道場奮闘記 5日目 回復食2日目
平成22年8月16日(月)

さて、朝の計量です。入所以来4K減少です。
昨年は、この時点で、5.3K減っていましたので、若干、減り方がゆるやかです
が、昨年より20K近く落ちたことになるので、良しとします。
断食中の減量より、退所後、一般生活に戻った時の生活をうまく過ごすことが、
断食減量のコツであることは、昨年、経験済みですので、あまり気にしません。

ただ、断食道場入所中に体重を落とすコツは、兎に角、大量の水を飲むことで
す。
この道場の井戸水は、とても美味しいのですが、味が単調で、飽きてしまいま
す。
私は、生駒聖天宝山寺に散歩に行く際、自販機のミネラルウォーターを飲ん
で、休憩します。同じ水なんですが、メーカーや銘柄で、微妙な味の違いが楽し
めます。
断食中ならではの、経験ですね。

7時の静坐が終わって、朝食が運ばれてきます。
朝食予想が外れて、昨日は3食とも重湯でしたが、今日は、三分粥が出てきま
した。
何が嬉しいって、カツオの佃煮の醤油味です。それと、味噌汁!味噌汁のいい
香りが、ジトジトした男の汗の臭いが充満した四畳半の部屋に漂います。
「あー、美味しい! 有難い!」思わず、声が出ます。
平常時なら、5分で食べてしまうような量の食事ですが、30分近くかけて、ゆっ
くりと愛しみながらいただきました。


朝食後、生駒聖天宝山寺に散歩に行きます。
昨年も断食期間中、毎日、お参りをしたんですが、このお寺の参拝者駐車場に
は、やたら高級車が並びます、どう見ても、率が異常です。よほど、ご利益があ
るんでしょうか。確かに、一千万円を超える寄進社の石碑が並びますが・・・・。

11時の昼食が運ばれて来ました。
三分粥は変わりませんが、おかずは、ほんの少しだけボリュームが増えていま
す。

美味しい! ちくわの八宝菜! 人参のような、硬さのある食べ物も、五日ぶり
です。

昼食後、今日も生駒の街に出かけます。といっても、何を買うわけではありませ
ん。だだ、ブラブラして、本屋で立ち読みするだけです。断食で頭がボケている
ので、「欲しい、やってみたい。」という欲求が薄まっているように感じます。

16時に夕食が運ばれてきます。今度は、タケノコの煮つけが出てきました。
昼食で人参、夕食でタケノコと、少しずつ繊維物が増えてきて、胃に負担がか
かり始めます。
このあたりが、大正時代から続く、この断食道場のノウハウなんでしょうね。
ここでの生活は、16時に夕食が出ますので、17時には、くつろいだ気分になり
ます。

トップへ
トップへ
戻る
戻る