イタチ捕獲

 遂に、イタチを捕獲しました。すごく臭いです。ここに至るまでの経緯は、イタチ
来襲をご参照下さい。
 捕獲後は、淀川の土手までバイクで運び、逃がしましたが、暴れて金籠は血
だらけでした。
 イタチは夫婦でいるので、もう一匹、捕まえます。


すごく暴れます。


犬も心配そうにみています。(笑)


2匹目を捕獲しました。少し小さいのでメスかもしれません。


なんと、3匹目が・・・・。今度はオス? 可愛い顔をしているのですが・・・・。


4匹目、キーッという声を出して威嚇してきます。
これで安心していたら、また、鳩舎に入られました。驚いて、追加で捕獲器を追
加入手しました。


5匹目です。何匹いるのでしょうか。

翌日の朝、6匹目がかかりました。会社に行っていたので、家族が自転車で逃
がしに行ってくれたため、写真はありません。
その後、10日ほどアタリ?がありませんので、完全駆除出来たようです。

床下換気口に、断熱材のくずを発見しました。どうも、営巣していたようです。



 捕まえて判ったのですが、イタチの臭いは、籠を移動する時などに強くなるよう
です。獣医に聞いたところ、スカンク等と同様に、威嚇のためでなく、恐怖で臭
いを出すとのことです。
 また、我々が捕まえているのは、朝鮮イタチという帰化種で、在来イタチはほ
とんどいないそうです。
 非常に執念深く暴れますので、捕獲後はすぐに逃がしに行かないと、写真の
ように金網をかきむしり、血だらけになってしまいます。
 大体、23時頃にかかるようです。

トップへ
トップへ
戻る
戻る