爆釣!! ソーダカツオ in武庫川一文字

平成18年9月26日(土)

午前2時30分起床。
台風一過でソーダカツオが群れているという武庫川一文字に出撃します。
最近、クルマにETCを取り付けたので、深夜に高速道路を走るのがうれしくて
かないません。(笑) 

コンビニで食料、斉藤渡船でアミエビとハリス4号のサビキ仕掛けを購入。
4時30分の出船予定ですが、爆釣のニュースの影響か、船が満員となり4時1
5分に出港です。

船釣りでひどい目に合ってから、船恐怖症になってしまい、ディーゼルエンジン
の排気ガスを吸っただけで、えずいてしまいますが、もう引き返すことは出来ま
せん。

真っ暗な防波堤に渡り、懐中電灯の灯りを頼りに仕掛けを作ります。
まだ暗くて浮木が見えませんので、タチウオテンヤにワームをつけてなげてみる
ことにしました。ケミホタルの流星が未明の空を飛びますが、アタリはありませ
ん。

夜明けとともに、誘導浮木付のサビキ仕掛けを投入します。
実は、ソーダカツオは釣ったことがありませんので、勝手がわかりません。
渡船屋で聞いたとおり、2ヒロで遠投しますが、アタリはありません。

突然、隣の女性が悲鳴をあげます。ソーダカツオがまわってきたようです。サオ
一本くらいの近投できたようです。

こちらも近投に切り替えてみますが、アタリはありません。魚群が見えているの
で、1ヒロに上げてみたところ、一気に浮木が消しこみます。
強い引きで走り回る魚を強引に浮かせて、ゴボー抜きして堤防に落とします。
始めて見る魚の姿は朝の光にまぶしく輝いています。


約35センチといったところです。小さいわりには、回遊魚の引きは強く感じま
す。クーラーに入れると中でバタバタいっていますが、構わずに続けて竿を振り
ます。コマセで群れが居ついたのか、次々とソーダカツオがヒットします。
バキッという音に振り向くと、隣の女性が竿を折っています。一度にカツオが3
本もかかってしまったようです。
私も気を張りながら浮木を見て、魚を取り込みますが、遂に2匹掛ってしまいま
した。やわらかい私のチヌ竿では上げられません。モタモタしているうちに、道
糸がキューンと鳴いてしまい、切られてしまいました。

バタバタと釣れ続け、私の小さなクーラーはもう魚は入りません。しかし、時間
はまだ6時すぎです。仕方なく、釣っては逃がしを続けますが、あまりに釣れる
ので面白味もありません。(ヘタレ釣氏の私には贅沢な話です。)

目先を変えるために、ルアーを引いてみることにしました。
有り合わせのスプーンを引いてみますが、ソーダカツオは見向きもしません。

そのうちアタリが遠のきます。すると今度はイワシが回り始めました。

その後、イワシのアタリが止まると、ソーダカツオが回ってきます。どうも、カツオ
とイワシの関係は交代交代のようですね。

満足な釣果に納竿です。

血がグロいですね。

7時半の船で帰ることにしました。

トップへ
トップへ
戻る
戻る