兵庫県西宮市武庫川一文字でタチウオ釣り その2

平成17年10月30日 日曜日 兵庫県尼崎市武庫川一文字にタチウオ釣りに
行きました。
連日、タチウオの竿頭が30匹という情報を聞き、いてもたってもいられません。

斉藤渡船に乗り込んだのは13時。
タチウオには随分早いのですが、サビキでアジでも釣って遊ぼうという計画で
す。

防波堤では、落とし込みのチヌ氏たちが、職人のような身のこなしで、熱心に波
止際をさぐっています。

アミ海老を撒きますが、沸いてくるのはサヨリばかりです。
道具は準備していませんが、他の仕掛けの流用で、何とかサヨリを釣ります。と
ころが小さいのでなかなか針に乗りません。
約2時間半かかって、やっと12匹のお土産が出来ました。

3時半になると、ドジョウテンヤを引く、タチウオ氏たちが増えてきました。まだ明
るいのに、竿を曲げています。なんと、ドジョウテンヤにコウイカの15センチ級が
乗ってくるのです。

急いで、ドジョウテンヤを投げると、コツコツとアタリがありますが、なかなか針に
乗りません。
苦心しながら、漸く2匹を取り込みました。

手元が暗くなり、タチウオの時間です。ワクワクする気持ちを抑えられません。
ゴツン、きました。タチウオです!
一機に抜き上げると、80センチくらいのタチウオです。
戦闘開始に心が躍ります。ところが・・・・。

後が続きません。なんとか1本追加しましたが、回りも首をかしげています。そ
のうち雨が降り始めて納竿としました。

本日の釣果
タチウオ 75〜80センチ 2本
コウイカ 15センチ    2匹
サヨリ  18センチ   12匹 

何故、関西では太刀魚と書かず、タチウオとカタ仮名で書くのでしょうか。(笑)

トップへ
トップへ
戻る
戻る