戻る

 
 ここ数年、広島湾で爆発的に人気が出てきたイカ釣り。アオリイカのエギングなどが脚光を浴びていますが、ここでは昔ながらのイカスッテを使った釣り方に焦点をあてます。この釣り方で釣れるイカは、ミズイカ(ヤリイカ・スルメイカ)とコウイカです。広島湾では5月頃から釣れはじめ、7月いっばいまで釣れ続きます。最盛期の6月ともなると、たくさんの釣り人でにぎわいます。イカ釣りは高度なテクニックを必要とせず、群れにあたれば誰にでも簡単に釣り上げることができます。のんびり気ままに釣りができることもあってか、グループや家族連れにも大変人気があります。イカ釣りの醍醐味は、ウキが引き込まれたり、寝たりしたときの爽快感、巻き上げ・とりこみの時のスリル、そして何より、食べておいしいこと。初心者を釣りの世界に引き込むのにも持ってこいの釣りといえるでしょう。どの釣具店にも、しかけがセットになったものが売られているのでとっつきやすく、ワンセット購入すれば、1シーズンは通して楽しめ、エサも非常に安く経済的です。イカは夜という印象をお持ちかもしれませんが、場所を選べば、昼でも結構釣れます。あまり参考にするようなことはないかもしれませんが、みなさんの手助けになれば幸いです。

  ウキ釣り(イカスッテ使用)

  1.道具・釣具・しかけ

 イカ釣りにはとくに専用の竿というのはなく、多くの場合、2号前後の磯竿や船竿、やわらかい投げ竿などを代用する。長さは、短いよりも長いほうがとりこみ時や抜きあげ時に有利だが、扱いにくいようであれば別に短くてもかまわない。リールは2号〜3号の道糸が100m巻ければ十分である。道糸は2号〜3号程度。ウキは夜なら電気ウキ、昼なら電気ウキでなくても、目立つ縦長のウキであればよい。号数はスッテの号数(重さ)に合わせてやる。たいていは2号か3号だ。道糸にウキ止めをつけ、ウキとの間にシモリ玉をかませて遊動式にしてやると、タナの調整がしやすい。道糸とハリス?の間にはヨリモドシかませるが、ウキとヨリモドシの間にゴム管をヨウジで固定したものをとり付けると、投入時や巻上げ時にしかけとウキとの距離が保たれ、しかけのもつれを防止できる。ヨリモドシからゴム管までの距離は、ウキの長さ以上あればよい。私はたいてい50cmくらいだ。ゴム管とヨウジでなくても、からまん棒(商品名)をはじめとする専用の商品がさまざま売られている。スッテは1本か2本つける。3本はあまり見たことはないが、幅広くタナを探るためにと、やったことはある。スッテには2種類あって、オモリがついてる(頭のところに)のとついてない(あたまがピンク)のがあり、オモリのついているのを一番下につける。しかけがセットになったものを購入すれば、たいていオモリつきとオモリなしが1つずつ入っている。2本つける場合、スッテの距離だが、これは個人の自由だ。私はたいてい80cmくらいで、他の人より幾分長めである。スッテを連結する糸(ハリス?)は、リールの糸を切って使えばよい。イカの場合、ハリスの細さは釣果にあまり関係ないので基本的に何でもよいのだ。夜だとケミホタル(蛍光発光体)をつけることがある。スッテ自体にとり付け用の溝があり、ここにつけるか、図のようにスッテとスッテの間につける。スッテ自体につける場合、サイズ25のケミホタルがピッタリで、しかも2本入りなのでちょうどよい。スッテとスッテの間につける場合は、タチウオ用など大き目のケミホタルをつける。ケミホタルがどれほどの効果があるかは、私も実際のところ確信をもってない。また、最近は、集魚用の点灯式の水中ライトが発売され、効果も認められてきている。お金に余裕があれば必須アイテムといえる。ただ、水が入ってダメにしてしまうこともあるので、メンテナンスには気を配ろう。せっかく高いお金出して買ったのに、次に使う時には海水が中にしみこんでいて、金属部が錆びてダメにしてしまうということになりかねないので(経験談です)。

  2.エサ

 エサは冷凍キビナゴや小イワシを使う。釣具店で1パック(15匹くらい入っている)が300円程度売られている。小イワシはスーパーで安く購入できるが、大きかったり、やわらかすぎて扱いにくいことが多いのが難点である。。市販品でなくとも、現地調達や以前釣っておいた小アジ・小イワシやサヨリなどであれば尚良い。つけ方は、キビナゴ等を1匹か小さければ2匹を針金でスッテに巻きつける。針金はスッテを購入した際にたいていついている。キビナゴをスッテの形(スッテ自体も魚のような形をしている)に合わせて置いたら、シッポの方から頭に向かって、スッテの溝に沿ってらせん状に巻き、頭まできたら、針金を巻き止めるでっぱりがあるので、そこに巻きつけて止める。目立たせたり、食いつきをよくさせるために、スッテの両側にキビナゴを派手にとり付ける人もいる。このへんの工夫は個人の自由だ。エサの交換は、1匹釣れてもひどくいたんでなければそのまま使えばよい。何匹か釣って限界だなと思ったら変えればよい。また、イカはキビナゴのお腹の部分が好きらしく、たいていそこに食いついてくるので。お腹の部分がなくなれば変えたほうがよい。実際、新しく変えたとたんに釣れるということもしばしばある。とにかく、エサは新しいにこしたことはないので、予算や時合と相談しながら、なるべくいいものをつけるよう心がけよう。冷凍キビナゴ1パックあれば1回の釣行に十分足りるし、余っても冷凍保存できるので、非常に経済的である。

  3.釣り方

 しかけが準備できたらさっそく投入だが、その前にタナを決めなければならない。このタナがイカ釣りにとって大変重要な要素となる。タナが(イカの泳層と)合っていれば投げるたんびにアタリがあり、短時間に何匹も釣り上げることができたりする。しかし、このタナは日にちや時間帯によってまちまちで、セオリーといったものはないので、アタリがなければこまめに変えてやる。最初は私ならだいたい4mくらいからはじめ、アタリがなければ±2mくらいを探る。昼と夜の比較で言うと、夜のほうが浅いところにいることが多い、群れにあたれば、泳いで浮いてきているのが見えることすらある(しかし、みんなイカの方に向かって投げるのでトラブルの原因になることも・・・)。昼は夜に比べると深いところにいるようだが、これも日によってまちまちである。さて、タナを決めたら投入だが、20〜30m投げアタリを待つ。投げるポイントは、なるべく潮の流れに変化のあるところの方がいいようだ。アタリがなければ竿をあおってしかけを動かし、誘ってみるなどする。そのうち潮の流れでウキが流されたらしかけを回収する。ここで私がイカ釣りで一番腹が立つのが
ウキが流れているのに延々としかけを回収しない人。自分1人しかいないのならいいが、周りに他の釣り人がいるときは周りに迷惑をかけないようわきまえて欲しい。だいたい、アタリがないのに延々とウキを流しっぱなしにしては釣果は伸びない。こまめにタナを変えたり、何回も投げることでしかけの落下が誘いになって食いついてくることが多々ある。イカは落下するものに興味を示すので、延々と待つくらいなら、何回も投げなおすくらいのほうが釣果は伸びるのだ。次にアタリだが、たいていはウキが沈むか、食い上げしてウキが倒れるかのどちらかである。ウキが倒れた場合は、間違いなく食いついているので、リールを巻いて糸ふけをとり、竿をゆっくり大きくあおってアワセを入れ、竿を立てたらテンションをゆるめず、一定のスピードでリールを巻いてやる。足元まできたらリールを巻きながら竿をイカの方に向けて倒し、間髪入れずに竿をあおって抜きあげる。ここで手間取ったり、テンションをゆるめてしまうと、イカに逃げられることがある。万全を期すならタモを使えばいいのだが、このとりこみ・抜きあげがイカ釣りの面白さでもあるので、私はタモを使わない。ウキが沈むアタリは、大物ならウキが見えなくなるくらい持っていくのでわかりやすいが、波が高かったり、小型が食いついたときはわかりづらいときがある。迷ったらあげればよい。ダメだったらまた投げればよい。慣れてくるとなんとなく見分けがつくようになる。イカを見事釣り上げたら、エサがひどくやられてなければすぐに投入してやる。釣れたということはタナがあっていて、群れているかもしれないからだ。いわゆる時合だ。反対に周りの人に釣れ出したらこちらも集中しよう。イカはタナもそうだが、実はそれ以上に時合いを見逃さず効率よく釣ることが重要だ。また、周りが釣れているのに自分が釣れないのは、運が悪いか、タナがあっていないかのどちらかである。タナをどれくらいにすればいいかわからないときは、釣れてる人が親切そうであれば聞けばよい。それができなければ、こっそり釣れてる人のしかけを観察してウキ止めの位置を見てみよう。それでも見えない場合は、その人が投げてどれくらいでウキが立つかを見て、タナを見抜くという方法もあるが、慣れないと難しい。私は、釣っている最中に自分のタナだけでなく、周りの人がどれくらいのタナで釣っているか常に観察している。貪欲に釣果を伸ばしたいならそこまですることも必要になってくる。ただ、のんびり気ままに釣るのなら、ずっと同じタナで待つだけでも十分釣れる。イカ釣りは、運のよし悪しが釣果を左右する釣りでもあるので、深く考えないことも一理ありです。
 ここで昼に釣りたい人へのアドバイスもしておこう。重要なのは、まず釣り場。海があまりきれいでないほうがよい。倉橋などで昼釣ってもまず釣れない。広島湾で言えば、草津・宇品・坂周辺である。とくに坂はよく釣れる。次に海の様子である。ベタなぎよりは幾分波があったほうがいいようだ。両方とも多分イカの警戒心がやわらぐからではないかと想像するが確かではない。
 最後に釣ったイカの処理について言うと、水を入れたバケツなどのなかで十分イカスミを吐かせてから持って帰ろう。家に帰ってクーラーを開けたら真っ黒になっていたということになりかねない。もしくは、釣り場でさばいて帰るという方法もある。釣果が伸びなかったとき、私もすることがある。さみしいけど・・・。

 イカ釣りに関しては運がかなり左右するので、自分だけ釣れなくても気にしないようにしよう。また、同時に竿が2本扱えるなら、そのほうが釣れる確立は高くなるので、周りに迷惑がかからないようにできるのならそうしたほうがよい。イカ釣りは最盛期ともなると多くの釣り人でにぎわうので、周りに迷惑をかけないよう気をつけ、心地よい釣りとなるよう心がけよう。

戻る