あれから何度か出撃した俺式フリーダムだが、ここに至るまでちゃんとした写真を撮っていないことが判明。
だから念のため撮ってみた。


どうよコレ?
今回は俺が写真を撮らねばならなかったので、背格好の似た同僚に被せてみた。
つまり初めて自分の作ったフリーダムが動くところを見たわけだ。

「うお!カッコええ!!」
手前みそだがね、本当にそう思ったのさ。まああれだけ苦労したんだからコレくらいの成果が無ければ報われぬだろう。

これが後ろ姿。
妥協抜きの成果は、妥協抜きの重量となって襲いかかるわけだ。
実際今回の写真全てにおいても、胴体部がかなり後ろに引っ張られている。いくつか改修点があるのだが、この重心調整は必須であろう。

本来は夜に活動するために作ったものであるが、太陽の下ではその鮮やかさと存在感が倍増だ。
だが写真ではうまく伝えられないのがもどかしい。

しかして…今回のお祭り(2ヶ月先だが)にはコイツは出撃しない事にしている。
まずはその重さが理由だ。去年俺が被った訳だが、とにかくまさに限界寸前であった。他の人間では絶対無理である。
だが唯一のパイロットである俺は、今年の新作を被らねばならない。
新作は自分で被ることによって極力壊さないようにする必要があるからだ。ゆえにパイロット不在のフリーダムは留守番決定である。
もう一つの理由は、やはり背中の3m近い翼だ。
これはやはり人混みの中では邪魔になって仕方がなかった。
ギャラリーの皆さんに迷惑をかけるのは本意ではないので、どちらかといえばこちらの理由の方が大きいな。

しかしまあ…ホントに大作だった……