大英帝国勲章


現在も爵位制度のある英国でも、新たな爵位の授与はほとんど行われません。その代わり、功績の顕著な人物に勲章を授与し、Sir(男性)またはDame(女性)の称号を許可する制度があります。その叙勲制度のひとつが大英帝国勲章(The Most Excellent Order of the British Empire)です。
大英帝国勲章(The Most Excellent Order of the British Empire)は英国の勲章の1つで、最も新しく、最も広範囲に与えられ、最も受勲数の多い勲章です。なお、「大英帝国勲章」と訳されておりますが、直訳すると「大英帝国騎士団」となります。これは、中世の騎士団制度を叙勲制度に転換したためです。
大英帝国勲章は1917年にイギリス国王ジョージ5世によって創設されました。それまでの勲章は、政治家、軍人、役人などが主な対象で、通常の市民に与えられることはほとんどありませんでした。そこで、新たに経済人、文化人、芸能人、スポーツ選手や社会奉仕活動等を対象にした大英帝国勲章が新たに創設されたそうです。このため、創設時は一番低い勲章と見られていましたが、今日では最も良く知られた勲章となっています。現在、有名人が授与されている勲章は、ほとんどがこの大英帝国勲章です。大英帝国勲章には以下の5位7種類があります。

順位 勲章名 略称
第1位  男性:Knight Grand Cross of the Order of the British Empire GBE
 女性:Dame Grand Cross of the Order of the British Empire
第2位  男性:Knight Commander of the Order of the British Empire KBE
 女性:Dame Commander of the Order of the British Empire DBE
第3位  Commander of the Order of the British Empire CBE
第4位  Officer of the Order of the British Empire OBE
第5位  Member of the Order of the British Empire MBE

上記の表で白い欄に記載されている「GBE」と「KBE」は勲章名に「Knight(ナイト)」と書いて有る通り、所謂「ナイト」、「騎士」であり、男性の場合は「Sir(サー)」の称号で呼ばれます。また、女性の場合は「Knight(ナイト)」ではなく「Dame(デイム)」の称号で呼ばれます。また、「GBE」と「KBE」の夫人は「Lady(レディ)」の称号で呼ばれます。大英帝国勲章を授与されても「GBE」、「KBE」、「DBE」以外は「ナイト」ではありませんので注意が必要です。また、大英帝国勲章受勲者は名前の後ろに勲章名の略称を付与することが出来ます(これはGBEKBEDBECBEOBEMBE共通)。以下に大英帝国勲章受勲者の名前の書き方を示します。

勲章 フルネーム
GBE  男性:Sir Firstname Lastname, GBE 女性:Dame Firstname Lastname, GBE
KBE  男性:Sir Firstname Lastname, KBE
DBE  女性:Dame Firstname Lastname, DBE
CBE  Firstname Lastname, CBE
OBE  Firstname Lastname, OBE
MBE  Firstname Lastname, MBE

なお、「Sir(サー)」や「Dame(デイム)」の称号は家名(Family Name/Lastname)ではなく個人名(Given name/Firstname)に付与されるものです。ですから、「John Smith」が「GBE」を受章した場合、「Sir Smith」と書くのは間違いで、「Sir John」か「Sir John Smith」と書くのが正しい表記となります。
あと、大英帝国勲章は英国人だけでなく、英国籍を持たない外国人にも授与されることがあります。その場合は、勲章名の先頭に「Honorary」が付与され、「名誉大英帝国勲章」と呼ばれます。なお、この場合は「Sir(サー)」や「Dame(デイム)」の称号は使用出来ません。これは、「Sir(サー)」や「Dame(デイム)」の称号は英国王の臣下が名乗る称号であるためです。

主な大英帝国勲章受勲者

勲章 氏名 受勲年 備考
GBE
KBE  ビル・ゲイツ  2005年  マイクロソフト社創業者
 カルロス・ゴーン  2007年  日産自動車社長兼CEO 
DBE

 キリ・テ・カナワ

 1982年

 オペラ歌手

 エリザベス・テイラー  2000年  映画女優
CBE  エルトン・ジョン  1995年  ピアニスト、シンガーソングライター
 アレックス・ファーガソン  2000年  サッカー選手、監督
 ブライアン・メイ  2005年  ロックバンド「クイーン」ギタリスト
 ジョナサン・アイブ  2006年  アップルコンピュータ上級副社長
 クリストファー・リー  2009年  映画俳優
OBE  J. K. ローリング  2000年  児童文学作家(ハリー・ポッターの作者)
 デビッド・ベッカム  2003年  サッカー選手
 ジミー・ペイジ  2005年  ロックギタリスト(元レッド・ツェッペリン)
MBE  リンゴ・スター  1965年  ロックバンド「ビートルズ」ドラムス
 ジョージ・ハリスン  1965年  ロックバンド「ビートルズ」リードギター
 ポール・マッカートニー  1965年  ロックバンド「ビートルズ」ベース
 ジョン・レノン  1965年  ロックバンド「ビートルズ」リズムギター
 コリン・マクレー  1996年  ラリードライバー
 

主な大英帝国勲章受勲者(日本人)

勲章 氏名 受勲年 備考
GBE
KBE  竹下勇 

 海軍大将、国際連盟海軍代表
 有吉義弥

 日本郵船会長
 池田芳蔵  1981年  三井物産会長
 平岩外四  1987年  東京電力会長
 盛田昭夫  1992年  ソニー会長
 千野宜時  1992年  大和証券名誉会長
 佐波正一  1993年  東芝相談役
 豊田章一郎  1995年  トヨタ自動車会長
 大庭浩  1996年  川崎重工業社長
 関本忠弘  1996年  NEC会長
 松尾泰一郎  1996年  丸紅相談役
 松下正治  1997年  松下電器産業会長
 張富士夫  2006年  トヨタ自動車会長
 山田忠孝  2007年  ビル&メリンダ・ゲイツ財団グローバル・ヘルス・プログラム総裁
DBE  内田光子  2009年  ピアニスト
CBE  佐々淳行  1975年  初代内閣安全保障室長
 高橋康也  1993年  英文学者
 福光尚次  1993年  阪急百貨店会長
 加藤隆一  1996年  東海銀行会長
 尾高忠明  1997年  指揮者
 山本正  1998年  日本国際交流センター理事長
 大崎仁  2000年  人間文化研究機構特別顧問
 鳴戸道郎  2001年  富士通顧問
 諸橋晋六  2001年  三菱商事前会長
 蜷川幸雄  2002年  演出家
 堀威夫  2003年  ホリプロ会長
 森稔  2003年  森ビル社長
 根岸廣和  2003年  日本電産モーター基礎研究所顧問
 佐竹晃  2003年  三井造船常務
 木村孟  2004年  大学評価・学位授与機構長
 井村裕夫  2006年  科学技術振興機構首席フェロー
 中村胤夫  2007年  三越相談役
 小野光太郎  2007年  小野グループ代表
OBE  宮井仁之助  1982年  四日市石油副社長
 安西浩  1982年  東京ガス会長
 吉田忠雄  1983年  YKK社長(後にCBEも受勲)
 飯田新一  1983年  高島屋社長
 松岡俊治  1987年  イギリス九州松下電器社長
 三浦登  2006年  東京大学名誉教授
 吉田都  2007年  バレリーナ、プリンシパル
 野田秀樹  2009年  劇作家、演出家、俳優
MBE  真田広之  2002年  俳優
 C. W. ニコル  2005年  小説家(英国出身、1995年日本国籍取得)
 笹本妙子  2006年  POW研究会
 田村佳子  2006年  POW研究会
 太田紀子  2006年  駐日英国大使館領事部

最後に、一言。「GBE」、「KBE」、「DBE」のみ「Sir(サー)」または「Dame(デイム)」の称号で呼ばれると書きましたが、最近はその辺がアバウトになっており、「CBE」、「OBE」、「MBE」でも「Sir(サー)」または「Dame(デイム)」の称号を付けたりするようです。
 


サウスアイランド公国へ戻る