パンチェン・ラマ


「ダライ・ラマ(Dalai Lama)」とは、チベット仏教の最高指導者である僧の称号で、「ダライ・ラマ法王」とも呼ばれます。現在の「ダライ・ラマ法王」は「ダライ・ラマ14世」で、本名は「テンジン・ギャツォ」と言います。ここまでは結構ご存じの方も多いと思いますが、チベット仏教には「パンチェン・ラマ(Panchen Lama)」と呼ばれる人もいます。

パンチェン・ラマ(Panchen Lama)」とは、チベット仏教において「ダライ・ラマ(Dalai Lama)」に次ぐ序列第二位の僧の称号で、「阿弥陀如来の化身」とされております。そして、ダライ・ラマと同じく、転生(生まれ変わり)によって後継者が定められるそうです。

なお、ダライ・ラマはチベット第一の都市ラサを拠点していますが、パンチェン・ラマはチベット第二の都市シガツェを拠点としております(注:現在ダライ・ラマは中国による迫害のためインドに亡命中)。歴代のパンチェン・ラマは以下の通りです。


称号 本名 在位
 パンチェン・ラマ1世
 1st Panchen Lama
 ケドゥプ・ゲレクベルサンボ
 Mkhas-grub Dge-legs Dpal-bzang-po
 1385年〜1438年
 パンチェン・ラマ2世
 2nd Panchen Lama
 ソナムチョクラン
 Bsod-nams Phyogs-kyi Glang-po
 1439年〜1504年
 パンチェン・ラマ3世
 3rd Panchen Lama
 エンサパ・ロサントンドゥプ
 Dben-sa-pa Blo-bzang Don-grub
 1505年〜1566年
 パンチェン・ラマ4世
 4th Panchen Lama
 ロサンチューキゲルツェン
 Blo-bzang Chos-kyi Rgyal-mtshan
 1567年〜1662年
 パンチェン・ラマ5世
 5th Panchen Lama
 ロサンイェーシェー
 Blo-bzang Ye-shes
 1663年〜1737年
 パンチェン・ラマ6世
 6th Panchen Lama
 ロサンペルテンイェーシェー
 Blo-bzang Dpal-ldan Ye-shes
 1738年〜1780年
 パンチェン・ラマ7世
 7th Panchen Lama
 テンペーニマ
 Dpal-ldan Bstan-pa'i Nyi-ma
 1782年〜1854年
 パンチェン・ラマ8世
 8th Panchen Lama
 ペルテンチューキタクパ
 Bstan-pa'i Dbang-phyug
 1855年〜1882年
 パンチェン・ラマ9世
 9th Panchen Lama
 ゲレクナムゲル
 Thub-bstan Chos-kyi Nyi-ma
 1883年〜1937年
 パンチェン・ラマ10世
 10th Panchen Lama
 ロサンティンレールンドゥプチューキゲルツェン
 Blo-bzang Phrin-las Lhun-grub Chos-kyi Rgyal-mtshan
 1938年〜1989年
 パンチェン・ラマ11世
 11th Panchen Lama
 ゲンドゥン・チューキ・ニマ
 Dge-'dun Chos-kyi Nyi-ma
 1989年〜現在
 ダライ・ラマ公認
 パンチェン・ラマ11世
 11th Panchen Lama
 ギェンツェン・ノルブ
 Chos-kyi Rgyal-po
 1989年〜現在
 中国政府公認

ところで、上記の歴代パンチェン・ラマを見ると、おかしなことに気付くと思います。パンチェン・ラマ11世が二人いるのです。どういうことかというと、ダライ・ラマ14世がインドに亡命した後も中国との協調路線を選び中華人民共和国チベット自治区に留まってチベット仏教の保護・継承に多大な貢献をしたパンチェン・ラマ10世が亡くなった後、ダライ・ラマ14世はパンチェン・ラマの転生者を捜し、6歳の「ゲンドゥン・チューキ・ニマ」をパンチェン・ラマの転生者(パンチェン・ラマ11世)と認定しました。しかしダライ・ラマ14世と対立する中国政府は独自にパンチェン・ラマの転生者を捜し、6歳の「ギェンツェン・ノルブ」をパンチェン・ラマの転生者(パンチェン・ラマ11世)と認定したのです。しかも、後にダライ・ラマ14世が認定したパンチェン・ラマ11世(ゲンドゥン・チューキ・ニマ)はその両親共々失踪して行方不明となってしまいます(2008年現在も行方不明)。この失踪には中国政府が関わっているそうです(中国政府が関与を認める声明を出しています)。

なぜ中国政府が必死になって独自のパンチェン・ラマ擁立にこだわるかというと、パンチェン・ラマはダライ・ラマの転生者を認定する立場にあるからです。パンチェン・ラマ11世を中国の息の掛かった人間に据えておけば、ダライ・ラマ14世亡き後のダライ・ラマ(ダライ・ラマ15世)を中国にとって都合の良い人物にすることが出来るからなのです。

今、チベットは大きな混乱に巻き込まれています。私は、一日も早くチベット族の方々が幸せに暮らせる国になることを祈っております。

ダライ・ラマ法王公式Webサイト
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
http://www.tibethouse.jp/

チベット亡命政権公式Webサイト
Tibetan Government in Exile's Official Web Site
http://www.tibet.com/


サウスアイランド公国へ戻る