アジアの国々


よく「アジアの国々」という言葉を聞きますが、アジアにはどのような国があるのでしょうか?一度おさらいしてみましょう。外務省ホームページ地域・各国情勢によると、「アジアの国々」は以下の通りです。国名記載の順番は日本語の五十音順です。なお、この一覧には日本と外交関係を結んでいない台湾北朝鮮も記載しております。


連番 国名(日本語表記) 国名(英語表記)
1  インド  India
2  インドネシア共和国  Republic of Indonesia
3  カンボジア王国  Kingdom of Cambodia
4  北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)  Democratic People's Republic of Korea
5  シンガポール共和国  Republic of Singapore
6  スリランカ民主社会主義共和国  Democratic Socialist Republic of Sri Lanka
7  タイ王国  Kingdom of Thailand
8  台湾  Taiwan
9  大韓民国  Republic of Korea
10  中華人民共和国  People's Republic of China
11  日本国  Japan
12  ネパール連邦民主共和国  Federal Democratic Republic of Nepal
13  パキスタン・イスラム共和国  Islamic Republic of Pakistan
14  バングラデシュ人民共和国  People's Republic of Bangladesh
15  東ティモール民主共和国  The Democratic Republic of Timor-Leste
16  ブータン王国  Kingdom of Bhutan
17  フィリピン共和国  Republic of the Philippines
18  ブルネイ・ダルサラーム国  Brunei Darussalam
19  ベトナム社会主義共和国  Socialist Republic of Viet Nam
20  マレーシア  Malaysia
21  ミャンマー連邦  Union of Myanmar
22  モルディブ共和国  Republic of Maldives
23  モンゴル国  Mongolia
24  ラオス人民民主共和国  Lao People's Democratic Republic

アジアの国々」は、実に24ヶ国もあります。ところで、中国(中華人民共和国)韓国(大韓民国)北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)日本の左翼団体は、事ある毎に、「日本はアジアの国々の声にもっと耳を傾けるべきだ!」と叫びますが、上記のように「アジアの国々」は中国韓国北朝鮮だけではありません。中国韓国北朝鮮アジアの国々の極一部(8分の1)に過ぎません。ほとんどの「アジアの国々」は、日本と友好的な関係を保っております。日本はアジアの国々の声にもっと耳を傾けるべきだと思います。

 


サウスアイランド公国へ戻る