学習院大学


皇族の方々が進学する大学として有名な学習院大学。現在は私立大学ですが、日本国憲法により華族制度がなくなるまでは、華族の子弟教育を担った宮内省管轄の官立学校でした。

弘化4年(1847年)、公家のための学習所として京都御所日御門前に「学習院」が開講されました。その後、明治9年(1876年)、華族会館が経営する私立学校「華族学校」として東京で発足しました。そして、明治10年(1877年)、明治天皇皇后親臨の元、開校式が行われ、「学習院」の勅額を下賜されました。明治17年(1884年)に宮内省管轄の官立学校となりました。

華族の子弟は原則として無償で学習院に入ることができたそうです。しかし平民は、ごく限られた人数しか受け入れられず、授業料は有償であり、幼稚園や高等科への入学は禁止されたそうです(後に制限は緩和されたそうです)。

太平洋戦争後、華族制度が無くなり、学習院は私立学校となりました。

ところで、現在でも皇族の方々は学習院で教育を受けています(最近は秋篠宮家の内親王殿下が別の大学に行かれています)。もちろん入試はなく、幼稚園から大学までストレートに進学するようです。私は高校時代、皇族は大学受験がなくていいなぁと羨ましく思ったものですが、別の見方をすると、皇族は学習院以外に選択肢がないとも言えます。そう考えると、能力に応じて好きな学校を選べる一般国民は幸せなのかもしれません。

なお、余談ですが、今上陛下は大学時代に公務のために単位が不足になり自主退学され、以後は聴講生になられたそうです。そのため最終学歴は「学習院大学教育ご終了」となっております。


 


サウスアイランド公国へ戻る