王公族


王公族」とは、大日本帝国により併合された旧大韓帝国皇族である李王家とその一族の日本における身分のことです。王公族は皇族より下、華族より上の身分として扱われていたそうです。王公族は以下のように分類されます。


称号 備考
 王  李家の当主。純宗・李垠のみ。
 王妃  王の妃。
 太王  王が隠居したとき。高宗のみ。
 太王妃  太王の妃。
 王世子  王の世嗣たる子。
 王世子妃  王世子の妃。
 王世孫  王の世嗣たる孫。
 王世孫妃  王世孫の妃。
 公  高宗前皇帝ないしそれ以前よりの大韓帝国皇族の傍系。
 公妃  公の妃。

また、王公族には以下のような特権があったそうです。

<王公族の特権>

王公家軌範(大正15年皇室令17号)等により、ほぼ皇族と同等の各種の特権が認められる。ただし皇位や摂政職につくことや皇族会議への参加は認められない。

・皇族女子と婚姻する特権(王公家軌範第39条・皇室典範大正7年増補)
皇族女子の婚嫁は皇族、勅旨により特に認許された華族以外では、王公族に限られていた。この特権により李王垠は梨本宮家の方子女王と婚姻した。

・敬称を受ける特権(王公家軌範第19条)
皇族と同様に殿下の敬称を受ける。皇族が○○宮殿下とされたのに対し、李王は李王垠殿下、公族は李鍝公殿下などと諱が用いられた。

・朝鮮貴族に列せられる特権(王公家軌範第20条)
王公族の子にして王公族に非ざる者(庶子)が一家を創立する場合に於いては勅旨に依り朝鮮貴族に列せしむることがあった。

・朝見の特権(王公家軌範第12条・第39条)
王系又は公系を襲きたる者は妃と共に天皇・太皇太后・皇太后・皇后に朝見する。王・太王・王世子・王世孫・公は成年に達したときは天皇・皇后・太皇太后・皇太后に朝見する。

・司法上の特権(王公家軌範第28条ないし第30条)
皇室裁判令の規定が準用される。民事訴訟の管轄について特則がある。天皇の勅許なくして勾引・召喚されない。

・就学上の特権(王公家軌範第37条)
就学について皇族就学令が準用され、学習院・女子学習院に就学する特権を有する。

・班位の特権(王公家軌範第40条)
皇族に次ぎ、華族の上位の班位を有する。

・受勲の特権(王公家軌範第51条ないし第58条)
王は満15年に達した後大勲位に叙せられ菊花大綬章を賜う(皇族の親王に同じ)。王妃は結婚の礼を行う当日勲一等に叙せられ宝冠章を賜う(皇族の親王妃に同じ)。王世子・王世孫・公は満15年に達した後勲一等に叙せられ旭日桐花大綬章を賜う(皇族の王に同じ)。王世子妃・王世孫妃・公妃は結婚の礼を行う当日勲二等に叙せられ宝冠章を賜う(皇族の王妃に同じ)。

・任官の特権(王公家軌範第59条)
王・王世子・王世孫・公は満18年に達した後、特別の事由ある場合を除くの外、陸軍または海軍の武官に任ぜられる。

なお、王公族は大日本帝国の大東亜戦争敗北に伴い1947年(昭和22年)に廃止されました。

それにしても、大日本帝国は朝鮮半島を侵略して暴虐の限りを尽くしたはずなのに併合した大韓帝国の皇族の身分と特権を認めるとは、大日本帝国はとても寛大ですね。


 


サウスアイランド公国へ戻る