菊栄親睦会


菊栄親睦会とは、皇族と旧皇族(旧宮家)による親交団体のことです。1947年(昭和22年)10月に昭和天皇の弟である秩父宮、高松宮、三笠宮の3直宮家を除く11宮家が皇籍離脱(臣籍降下)する際に、昭和天皇の考えによって会が誕生したそうです。

毎年、新年の祝賀や天皇誕生日を始め、夏の時期の昼食会など定期的なもののほか、皇族内で慶事があった時などに会の集まりがあるそうです。正会員は皇族と旧宮家の当主夫妻、結婚により臣籍降嫁した元内親王など37人で構成され、今上天皇、皇后、皇太子、同妃と敬宮愛子内親王は名誉会員となっているそうです。なお、1947年(昭和22年)10月に皇籍離脱(臣籍降下)した宮家は以下の通りです。


皇籍離脱した宮家

備考

 伏見宮  1409年創設、GHQの指令により1947年に皇籍離脱(臣籍降下)
 閑院宮  1710年創設、GHQの指令により1947年に皇籍離脱(臣籍降下)
 山階宮  1864年創設、GHQの指令により1947年に皇籍離脱(臣籍降下)
 賀陽宮  1892年創設、GHQの指令により1947年に皇籍離脱(臣籍降下)
 梨本宮  1871年創設、GHQの指令により1947年に皇籍離脱(臣籍降下)
 北白川宮  1870年創設、GHQの指令により1947年に皇籍離脱(臣籍降下)
 東伏見宮  1903年創設、GHQの指令により1947年に皇籍離脱(臣籍降下)
 久邇宮  1875年創設、GHQの指令により1947年に皇籍離脱(臣籍降下)
 朝香宮  1906年創設、GHQの指令により1947年に皇籍離脱(臣籍降下)
 東久邇宮  1906年創設、GHQの指令により1947年に皇籍離脱(臣籍降下)
 竹田宮  1906年創設、GHQの指令により1947年に皇籍離脱(臣籍降下)
 


サウスアイランド公国へ戻る