華族の叙爵基準


日本では明治維新後に爵位を導入し、華族制度を確立させましたが、爵位導入当時、どのような基準で叙爵されたか簡単に説明します。


【公爵】
・公家
摂政・関白になりうる最高の家柄である摂家(5家:近衛家、九条家、二条家、一条家、鷹司家)

・武家
徳川宗家、薩摩島津家、長州毛利家

・国家に偉功ある者


【侯爵】
・公家
摂政・関白を兼ねることはできないが、太政大臣・左大臣・右大臣・大将になりうる家柄である清華家(9家:久我家、三条家(転法輪三条家)、西園寺家、徳大寺家、花山院家、大炊御門家、今出川家(菊亭家))

・武家
徳川御三家、大藩知事(現米15万石以上)、琉球藩主

・国家に勲功ある者


【伯爵】
・公家
大納言まで宣任の例が多い堂上家(昇殿を許された公家)

・武家
徳川御三卿、中藩知事(現米5万石以上)

・国家に勲功ある者


【子爵】
・公家
上記において伯爵になれなかった堂上家、一新前(慶応3年10月15日の大政奉還前)に家を起こした堂上家

・武家
旧小藩知事(現米5万石未満)、一新前に諸侯であった家

・国家に勲功ある者


【男爵】
・公家の庶流(分家)

・一新後に華族に列せられた者

・国家に勲功ある者


上記の武家において「現米○万石」とありますが、これは江戸時代の藩の石高ではなく、明治維新後の版籍奉還で藩知事となった旧藩主が明治政府に納めた租税を元に算出されております。そのため、江戸時代に大藩であっても、戊辰戦争において朝敵に回った藩は領地を削られ、石高は低く計算されています。故に、叙爵された後、「本来ならば我が家はもう1ランク上の爵位なのだが・・・」という話が後を絶たなかったと言われております。

また、華族の中でも公家や大名などの旧支配階級出身の華族は「旧華族」、明治維新以後の勲功により取り立てられた華族は「新華族」、「勲功華族」と呼ぶそうです。

なお、日本の華族制度においては、爵位は上記5種類(五等爵)のみであり、大公、辺境伯、宮中伯、城伯、准男爵、騎士爵等は存在しません。また、日本の「公爵」の英語表記は「Duke」ではなく「Prince」となるそうです。


 


サウスアイランド公国へ戻る