公爵家御料農場


 2005年4月、公国の食糧自給率向上のために野蒜の鉢植えを開始し、2005年5月、鉢植えからプランター
 へアップグレードしました。それに伴い、このプランターを公爵家御料農場と命名します。
 最近は植える植物も野蒜に加え、ネギ万能ネギとラインナップを充実させました。
 なお、このプランターの中には大量の落ち葉とミミズ約50匹が内蔵されております。

公爵家御料農場

現在の公爵家御料農場の全景です。プランター1個です(笑)。しかし、プランター1個と侮るなかれ。このプランターの中には落ち葉等がたくさん混ぜてあり、それに加えてミミズを50匹ほど放してあります。土を良くしてくれるイイ奴です。

長く伸びているのは野蒜の薹(トウ:花を付ける茎)です。もうすぐ蕾の薄皮が剥がれてむかごになりそうです。野蒜はこの後夏枯れし、秋にまた葉が生えてきます。姿は見えませんが、このプランターの中には写真の4株の野蒜に加え、14株の野蒜が眠っています。

<撮影日:2005年5月20日>

公爵家御料農場

太いのは普通のネギで、細いのは万能ネギです。プランターの表面を覆っているのは桜の花の残骸です。これで表面の乾燥を防ぎます。

<撮影日:2005年5月20日>

公爵家御料農場

万能ネギ。特にこの株は一番の成長株で、植えてからわずか3日で5cm位伸びています。もうちょっと伸びてきたら料理の薬味に使う予定です。

<撮影日:2005年5月20日>

公爵家御料農場

万能ネギが伸びてきたので収穫しました。「ちょっと分けて頂きますよ」と声を掛けながら、ハサミで切り取りました。また、万能ネギが「伸びても切られるだけじゃん!」と向上心を無くしても困るので、前回の切り口より1cm長めに残してあげました。結局今回収穫したのはこれだけです。

<撮影日:2005年5月21日>

公爵家御料農場

1本はそのまま味見。なかなか良い感じでした。残りはみじん切りにして、納豆に混ぜました。たったこれだけですが、納豆がちょっとグレードアップ!いい香り付けになりました。

<撮影日:2005年5月21日>

公爵家御料農場 公爵家御料農場の全景。時々万能ネギを収穫していますが、結構成長が早いです。

<撮影日:2005年5月28日>

公爵家御料農場 こちらは最近収穫した万能ネギです。回復が早いです。

<撮影日:2005年5月28日>

公爵家御料農場 こちらは前に収穫した万能ネギネギ。万能ネギがだいぶ成長しているので、近々収穫予定。今度は「ヌタ」でも作って見ましょうかね。

<撮影日:2005年5月28日>

公爵家御料農場 野蒜のムカゴです。野蒜の蕾は花かムカゴになりますが、今回はムカゴになりました。これが地面に落ちて発芽します。時にはこのまま発芽して地面に落ちるそうです。

<撮影日:2005年5月28日>

公爵家御料農場

プランターを1つ追加しました。今回は紫蘇1本とクレソン6本を植えました。このプランターには土の他、例によって桜の花の残骸ミミズ10数匹を混ぜ込んであります。

<撮影日:2005年6月3日>

公爵家御料農場

紫蘇です。園芸店で土を買った時に一緒に買いました。今回は1本ですが、こぼれ種で増えることを期待しております。

<撮影日:2005年6月3日>

公爵家御料農場

クレソンです。スーパーで買ってきた食用のクレソンから元気そうな奴を6本抜き取り、水に漬けて発根させました。プランターで栽培できるかどうか分かりませんが、成長が楽しみです。

<撮影日:2005年6月3日>

公爵家御料農場

クレソンです。クレソンを増やすには、先端を摘んで脇芽を増やした方が良いと聞いたので、先端を収穫しました。生のままマヨネーズを付けて食べました。

<撮影日:2005年6月7日>

公爵家御料農場

公爵家御料農場の全景です。クレソンがかなり繁っています。万能ネギはちょっと弱り気味です。

<撮影日:2005年6月18日>

公爵家御料農場

紫蘇です。かなりいい勢いで繁っています。後で葉を収穫します。

<撮影日:2005年6月18日>

公爵家御料農場

クレソンです。これも良い感じに繁ってきているので、そろそろ収穫してもイイかもしれません。

<撮影日:2005年6月18日>

公爵家御料農場

公爵家御料農場の全景です。クレソンがかなり繁っています。

<撮影日:2005年6月26日>

公爵家御料農場

万能ネギです。6月21日に16本追加で植えたのが、もうこんなに生長しています。

<撮影日:2005年6月26日>

公爵家御料農場

紫蘇クレソンです。紫蘇は6月18日、6月20日に葉を収穫したので、ちょっと寂しげな感じです。

<撮影日:2005年6月26日>

公爵家御料農場

本日収穫したクレソンです。11本収穫しました。生のままマヨネーズを付けて食べました。クレソンは付け合わせに少量あれば良く、主食にするわけではないので、一度に大量に収穫する必要は無いことに収穫してから気付きました。

<撮影日:2005年6月26日>

公爵家御料農場

収穫後のクレソンです。この調子ならまだまだたくさん収穫できそうです。

<撮影日:2005年6月26日>

公爵家御料農場

今日は御料農場の拡張を行いました。拡張後の御料農場全景です。

<撮影日:2005年6月27日>

公爵家御料農場

今回追加で植えた紫蘇(右側)です。左側の紫蘇、見ての通りあまり元気が無いのですが、原因が判明しました。エアコン室外機の熱風をもろに被っていました。現在はプランターを移動して、室外機から遠ざけています。

<撮影日:2005年6月27日>

公爵家御料農場

株分けしたクレソンです。6本分株分けしました。前回は水に漬けて発根させてから植えたのですが、今回は直ぐ土に植えました。大丈夫かな?

<撮影日:2005年6月27日>

公爵家御料農場

万能ネギです。順調に成長中!

<撮影日:2005年6月27日>

公爵家御料農場

秋の御料農場全景。紫蘇は夏場のエアコン室外機の熱風により全滅してしまいました。万能ネギは収穫し尽くして、最後には細くなって枯れました。クレソンは元々の株は全て枯れ、茎から増えた株を植えています。しかしこの御料農場、なんだか中世ヨーロッパの三圃制農場みたいですね。

<撮影日:2005年9月27日>

公爵家御料農場 元々万能ネギが植えられていたプランターです。現在はクレソンを植えています。スーパーで売られているモノと違って小振りです。これから大きくなってくれるのでしょうか?

<撮影日:2005年9月27日>

公爵家御料農場 元々クレソンを植えていたプランターです。クレソンの元株が枯れた後は、増えた株を隣のプランターに移植しました。現在は、卵の殻落ち葉米のとぎ汁などを混ぜて地力回復中。次の耕作時期を待ちます・・・。

<撮影日:2005年9月27日>

公爵家御料農場 紫蘇を植えていたプランターです。現在は、卵の殻落ち葉米のとぎ汁などを混ぜて地力回復中。次の耕作時期を待ちます・・・。

<撮影日:2005年9月27日>

公爵家御料農場

本日、ふとプランターを見ると、2本の芽がにょっきり顔を出しておりました。この色、この形、この本数。おそらく、今年の春に植えた野蒜だと思われます。野蒜は、夏は葉を枯らして、球根ムカゴの状態で夏を越します。そして秋になると芽を出して、葉を茂らせるそうです。

<撮影日:2005年9月29日>

 

− 続きはこちらをご覧下さい −

 


サウスアイランド公国へ戻る