盗聴器・盗撮器の現状

 盗聴、盗撮という言葉を聞いても殆どの人は、「テレビや映画の中の世界」で、自分には無縁で関係ないと思っています。しかし、街中のオフィス街や住宅地で、受信機のスイッチを入れると聞こえてくる盗聴電波があるのもまた事実で、被害が年々増加しています。
盗聴器や盗撮器は東京の秋葉原や大阪の日本橋、インターネットや雑誌の通信販売などで年間30万個!も販売されています。これほど大量に販売されているのに、一般の人々に認識がないのはなぜでしょうか?それは「盗聴器が仕掛けられている事に気付いていないだけ」という事に他なりません。最近の盗聴器や盗撮器は非常に小型で且つ高性能になっています。電卓、ボールペン、などに組み込まれている偽装品電池タイプ、又、パソコンのマウス、三又コンセントタップなどに組み込まれている電源供給タイプなどは電池が不要で故障しない限り半永久的に盗聴電波を出し続けるという物も多く存在し販売されています。そして、もし盗聴器を仕掛けられた場合に、仕掛けた相手に盗聴されるだけでなく、無線マニアや傍受マニア(全国200万人)に偶然発見されてしまい、このマニア達にも盗聴されつづけてしまいます。特にホテル(ラブホから一流高級ホテルまで)などでは、よく客を装って利用した際にマニアが仕掛けるケース、従業員などが興味本意で仕掛けるケースなどがあります。この様なケースはよくインターネットの掲示板や無線雑誌などでよく目にしますし、実際この様な事が起きて、悪い噂や情報が流れ死活問題になっている会社やお店が最近増えてきました。当社でも各ホテル様に於かれまして、問い合わせや定期調査も増えてきました。日本では、盗聴行為を直接取り締まる法律がない為、先進諸外国からは盗聴天国と言われています。

企業様へ
 盗聴器は、人の会話や電話の会話を聞くだけではありません。仕掛け方は、防犯上明記できませんが、FAXやパソコンにも仕掛ける事が出来、FAX盗聴やコンピューター盗聴なども実際行われています。これらの盗聴器を仕掛けられるとFAXの書類、コンピューターの送信データ、IDパスワードなど情報全てが盗み取られてしまいますし、被害も年々増加しています。実際この様にして色々なデータ(情報)を知らないうちに盗まれ、経営が悪化している会社、倒産している会社が増えていますし、盗聴器が仕掛けられても気付かない会社が殆どだと思います。
日本の企業に欠けているものの一つに「情報価値の認識の無さ」があると思います。この様な折、企業様に於かれましては、「商品や会社の重要情報」の漏洩は、既に何らかの措置をしていらっしゃいますでしょう。「情報」は言うまでも無く大変有益な無形商品です。情報は流失して損失を実際に確認するまで事実は見えませんし、情報とはお金に変えられないものです。それゆえに、リスクマネジメントの一環として、情報の安全管理を真剣に検討する必要があるのではないでしょうか。