ストーカーに関する法律

年々増え続けるストーカーによる事件「怖いな」と思いつつも「私には関係ないよね」と流していませんか?ストーカー対策で一番大切な事は「一人で悩まず、早期に対応する事」です。ここでは、危険から身を守る為の予防策と、「もしもの時」の対応策をご紹介します。

ストーカー規制法の概略
ストーカー規制法が2000年11月24日より施行されました。

この法律の対象 1、「つきまとい等」=特定の者に対する恋愛感情などの好意(好感)の押し付けやそれが相手によって満たされなかった事に対する怨恨の感情を満たす為の行為で、その特定の者、その家族に対して行う8つの行為。

@ つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
あなたを尾行したり、待ち伏せしたりする行為。
A 行動監視の告知
その日着ていた服の色やその日の行動などをあなたに告げ、監視や尾行している事を気付かせる行為。
B 義務のない交際・面会の要求
あなたが、拒否しているのにもかかわらず、面会や交際、復縁を求める行為。
C 著しく乱暴な言動
あなたの家の前で大声を出したり、車のクラクションを鳴らしたりなど、乱暴な行為をする。
D 無言・執拗な電話・FAX・メール
あなたが拒否しているのにもかかわらず、何度も電話を掛けてきたり、メールやFAXなどを送信してきたりする行為。
E 汚物・動物の死体等の送付
汚物や動物の死体など、あなたに不快感を与える物を自宅や勤務先に送りつける行為。
F 名誉毀損の告知
あなたを中傷したり名誉を傷つけるような内容を告げたり、文書などを自宅や職場、近所に送りつける行為。
G セクハラ(セクシャルハラスメント)
わいせつな写真などを自宅に送りつけたり、インターネットの掲示板に掲載したりする行為。

2、「ストーカー行為」=つきまとい等や嫌がらせ等を繰り返して行う行為。
対 応 「つきまとい等」をされた者が警察に申し出ると、警察が加害者に警告する。
警告に従わない場合、公安委員会がストーカー行為禁止命令を行う。警察に申し出る以外に相手を告訴して警察に処罰を求める事が出来る。
(告訴がなければ検挙する事が出来ない=親告罪)
罰 則 ストーカー行為をした者は、6ヶ月以下の懲役又は五十万円以下の罰金。
ストーカー行為禁止命令に違反してストーカー行為を続けた場合は
1年以下の懲役又は百万円以下の罰金。禁止命令などに違反した者は五十万円以下の罰金